標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/01/20(日)
名取市のSAT仙台空港アクセス線美田園駅の東北東1km付近にある四等三角点。

さて2013年になったわけだが、相変わらず山も平地も雪だらけである。どこか三角点探索へ行こうにも山はほぼ無理な状態だし、平地は比較的低級な「雑魚三角点」しか残ってない。そこでネタ探しをしてたところ、昨年末にやった二等水準点探しで今は廃点になったと思われる点がウォッちずの2万5千分1地図情報閲覧サービスに残っていることに気づき、探しに行ってみたものの案の定雪に埋もれているし、当然標示板や標示杭が無いので見つけることが出来なかった。(機会があればそのうちまた探してみます)
そこで急遽予定を変更し、こんな事もあろうかと用意しておいた周辺の「雑魚三角点」を探すことにした。雑魚とはいえブログ更新のための貴重なネタだしね。

では早速、今年最初の三角点探索へ行ってみよう!

takada1.jpg
二等水準点探しの時と同じく県道10を南下し、名取の美田園付近に来た。画像は仙台空港アクセス線の高架の下にあった水準点がある交差点の一つ北側の交差点だ。[現在地
ここを左折する。

takada2.jpg
400mくらい進み、ここを左折。

takada3.jpg
で、すぐまた左折。

takada4.jpg
点の記の要図に描かれている堀のようなものが見えてきた。画像では分かりにくいと思うが堀のそばに標示杭を発見。幸先の良いスタートである。

takada5.jpg
堀に架かる橋のたもとには「ふるさと農業」と書かれた碑が建っていた。名知事であった山本壮一郎氏のサインの後には、昔ここら辺一帯が米作りに適した土地なのに水はけが悪くすぐ冠水していたが、国によってかんがい事業を行ったところ解決し営農の近代化が確立したようなことが書かれている。当然この堀も当時造られたものなのだろう。近年の美田園周辺は羨ましいほど発展しまくっているが、この堀が無ければ今でもただの湿地帯だったのかもしれない。

takada6.jpg
三角点周辺。雪に覆われています。

takada.jpg
標石です。
上面舗装が比較的新しい物なので点の記を確認してみると、平成23年に低下改埋、つまり標石を低く埋め直しています。通常、標石の下部が露出してしまった場合(参考→面白山)にやることなのですが、ここは単に邪魔にならないように土中へ埋めただけのような気がします。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45740179401
緯度:38°09′40″.2005
経度:140°55′44″.3333
標高:0.66 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/476-1156755f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック