標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/03/20(水)
利府町の三陸道利府中IC料金所の北西1.2km付近にある四等三角点。

今回も利府周辺へ行ってみようと思う。

まず最初に行こうと思ったのが“名古曽山”である。この点名の読みは「なこそやま」なのだが、「なこそ」でまず思い浮かべたのが、福島県いわき市の県境付近にある勿来(なこそ)と勿来の関(なこそのせき)だ。

県道8(利府街道)を利府の町の方から利府中IC入口の交差点を左折して800mほど進んだラーメン屋の所に大変気になる看板がある。[画像][場所
看板には何故か「勿来の関跡入口」の文字が。何でだよ?通る度に気になって仕方なかったので以前見に行ったことがある。関所の跡らしき物は残ってなかったのだが勿来神社(名古曽神社)があり、そこに説明の看板があった。看板には、いわきの勿来の関は元は菊多の関で、この利府にあるのが本当の「勿来の関」だというような事が書かれていた。…ということは、いわきのは地名を含めて偽物?ホントかよ?
実際、昔からこの地には勿来川(名古曽川)が流れ、惣の関(名古曽の関)と呼ばれていたそうだ。すぐそばには惣の関ダムという名前のダムがあるのだが、「なこそのせきダム」と読むのが正しいのだろうか?てっきり「ねぎのせきダム」だと思ってたよ(笑)

その歴史的な地のすぐ近くに三角点があると知ったのは、実は数日前のこと。これは行くしかない。

nakosoyama2.jpg
「勿来の関」入口より、松島方面へさらに300m進むと信号機がある交差点があるので左折する。左折した先は県道40となる。[現在地

nakosoyama3.jpg
400mほど進むと左に惣の関ダムの管理事務所がある。三角点はここの右上のほうにあるようだ。駐車場には自由に車を駐めて良いようなので、車はここに置いていこう。
「惣の関ダム管理事務所」と書かれた標識を良く見ると、英語の名称も併記されていた。

Sonoseki Dam Office

「そのせきダム」かよ!!

nakosoyama4.jpg
道路向かいの利府浄水場の少し手前に上へ登っていける階段があった。特に通行を制限しているわけではないみたいなので登ってみる。

nakosoyama5.jpg
階段を登るとゲートがあった。…まぁ水道施設だし、ある程度予想はしてたけど。このゲート、良く見ると右端より簡単にすり抜けられそうである。実際人が行き来している跡もある。せっかく来たんだし…行っちゃえ!

nakosoyama7.jpg
1~1.5車線の幅の道を登っていく。この先には何があるんだろうか?浄水場があってその上にあるものといえば、たぶん配水所だろうな。

nakosoyama8.jpg
先ほどのゲートから350m位進むと左側にいつもの目印っぽいものが、これ見よがしにぶら下がっていた。何となく獣道っぽいものもある。この中へ入っていけば良いのか?

nakosoyama9.jpg
GPSを確認すると方角が合っていたので獣道を進んでみる。確かに途中には目印のリボンがそこら中に結びつけてあった。坂を少し登ると痩せ尾根のような所に標示杭と赤白ポールがあった。

nakosoyama10.jpg
標石と赤白ポール。
この赤白ポールの下の方には十字に組み合わせた板が取り付けてあった。初めて見るタイプだ。恐らく東西南北を示しているのだろうけど、ここだけ何故? 標石を確認してみたが、上面の十字マークの方角は特にずれているわけではなかった。

nakosoyama.jpg
標石のアップです。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45740471902
緯度:38°20′49″.7055
経度:140°59′25″.7627
標高:108.78 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/484-01f3088d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック