標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/04/20(土)
富谷町の東北道富谷JCT(交差部)の北北東1km付近にある二等多角点。

次は久々の多角点である。
富谷JCT付近には東北道建設に伴って設置されたと思われる二等多角点が3つある。そのうち2つは既に探索済みであるが、今回の“16469”はまだだった。当時ここだけ閲覧サービスに表示されなかったのか、それとも点の記を見て難易度が高いため後回しにしていたのか良く覚えていない。難易度に関しては点の記を見る限り、他と大差無いので、やはり表示されてなかっただけなのだろうか?
以前も書いたが多角点は三角点と違い、地形図には記されていない。但し、整数で書かれていることが多い標高点の値が、多角点等の現地測量地点では小数点以下まで表示されているはずなので区別が付くのだが、今回の場所は整数表示である。あれ?たまたま小数点以下が0だったのかなと思い、以前行った“16467”の位置を見てみたら標高点すら書かれてない!ちょっと、どういうことだよこれ!!やはり震災の影響なのかな?
まぁ、とりあえず行ってみるか…。

16469-1.jpg
先ほどの所より町道を北へ向かい、県道56を経由して県道256に入る。そのまま富谷の町方面へ進み、東北道を越えて500mほど進んだ画像の交差点を左折する。【現在地

16469-2.jpg
道なりに1.3kmくらい進む。点の記を見るとここら辺から入っていくはずだが…。左側に東北道の下をくぐれるトンネルが見えた。ここを入っていけばいいのかな?道が狭く車では入っていくのが難しそうだ。幸い道路向かいにある携帯電話基地局前に駐められるスペースがあったので、ここからは徒歩で行くことにした。【現在地

16469-3.jpg
点の記には「BOXカルバート」と書かれているトンネル。画像では木の棒で見えなくなっているが「泉16」のプレートが付いている。高さ制限が2.3mしかなく、先ほどの北部道路のと比べるととても低く感じられる。しかも暗い。何かやだな~。

16469-4.jpg
点の記に書かれているとおり、トンネルをくぐった先にある法面を登ってみることにする。道は無いようだ。
ちなみに、東北道の350.5キロポスト地点である。

16469-5.jpg
尾根の傾斜は意外と急だ。GPSで方向を確かめながら、小さいU字溝沿いに登っていく。

16469-6.jpg
登り切ると比較的平坦な所に出た。GPSを見ながら多角点へ一直線だ。

16469-7.jpg
多角点だけど標示杭発見。無いと見つけるのが大変そうなのでありがたい。

16469-8.jpg
ありました!近くの多角点と同様に変わった保護石に護られてます。

16469-9.jpg
お約束。「だからー、これ三角てn(ry」

16469.jpg
金属標のアップです。
この当時はまだ軽量標識が無かったはずなので、こんな感じにコンクリート柱に付けていたようです。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR95740476101
緯度:38°23′00″.9704
経度:140°53′39″.5978
標高:77.44 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/488-4d93c238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック