標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/09/01(日)
気仙沼市大島の亀山山頂にある二等三角点。

今回は気仙沼の大島へ行ってみようと思う。
大島は東北最大級の島で観光地としても有名な所なのに、なぜか今まで一度も行ったことが無い。三角点がある亀山には観光用のリフトがあったらしいが、震災による津波で被害を受け現在は営業していないようだ。なので山頂までは自力で登る必要がある。どうやら車でも行けるみたいだけど、フェリー代が往復5000円以上かかるので金額に見合わないと判断し、歩いて行くことにした。
大島には亀山の二等の他に、三等と四等が一つずつ、計3ヵ所の三角点が存在する。三等は島の南の方にあり、徒歩では遠すぎるため今回は割愛することとして、比較的港から近い四等へも行ってみようと思っている。

大島といえば、震災後話題になった「みちびき地蔵」【動画】がある島なので、ついでに見に行ってみようかな。

kameyama1.jpg
そんなわけで、また気仙沼に来てしまいました。市営の無料駐車場に車を置いて、大島行きのフェリーに乗ります。【現在地
当ブログ初の船での移動です。昨年就航したばかりの新造船「ドリーム大島」(199t)に乗ることが出来ました。

kameyama2.jpg
30分くらいで大島に到着。船酔いが心配だったけど、波がほとんど無いので快適快適~。

kameyama3.jpg
船から下りて、早速探索を開始。
浦の浜港から島を横断して田中浜へ抜ける道を東へ進む。港から500m進んだ、最も高い所で県道と交差するので左折する。【現在地
ここを直進し、浜の手前を左折して奥へ入っていくと前述の「みちびき地蔵」がありました。【画像】【位置

kameyama4.jpg
県道208を亀山の方へ進む。今日は猛暑ではないが、天気が良くそれなりに暑い。車道とはいえ、坂道を炎天下の中、徒歩で進むのは結構厳しい。腕をだらんと下げていると指先から汗がしたたり落ちてくる。フェリー代をケチった代償である。

kameyama5.jpg
十字路から2kmくらい歩くと山頂への入口があったので左へ入っていく。もう既に膝がガクガクだ。【現在地

kameyama6.jpg
さらに600m進み、やっとレストハウスに到着。以前ならここまでリフトでひとっ飛びだったようだ。【現在地
レストハウスには以前売店などがあったようだが、現在は無人になっている。でも管理はちゃんとされているようで、テーブルや椅子はきれいだった。外に飲み物の自販機があったので、買って一気飲みする。うめぇ。休憩後、赤矢印の階段を登っていく。

kameyama7.jpg
階段の先は遊歩道になっている。画像の所を矢印の方へ行けば、すぐ山頂のはずだ。【現在地

kameyama8.jpg
船からも見えた展望台が目前だ。やっと着いた…。

kameyama9.jpg
標示杭発け…おやっ!
おいおい、すぐそばに宮城縣標石があるじゃん!これは得した!!(宮城縣標石については、この後別記事で)

kameyama.jpg
標石です。保護石ごと上面舗装されている観光地仕様?です。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25841244901
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:玉3
緯度:38°52′24″.0046
経度:141°37′05″.0598
標高:233.71 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/518-7d3616ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック