標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/09/01(日)
気仙沼市大島の亀山山頂にある宮城縣標石。

kameyama11.jpg
気仙沼大島の亀山山頂にある二等“亀山”を探しに来たら、すぐそばに宮城縣標石を発見!いつもなら同じ記事にしてしまうのだが、今回は画像の枚数の都合で別の記事にします。

kameyama12.jpg
標石です。下の方が結構露出してます。すぐ近くにある“亀山”も同時期に設置されたため、これと同じように露出していたはずですが、点の記によれば昭和63年6月に低下改埋したため現況は正常な状態になっています(上面舗装が浮いてきているような気もしますが)。

kameyama15.jpg
標石上面は丸みのついた四角錐のような形で、真ん中に穴が開いている典型的なタイプです。この形状の標石は黒い石の場合が多いのですが、これは違うようです。設置時期によって違うのかな?

kameyama13.jpg
「第参號」と書かれているようです。

kameyama14.jpg
「明治三(以下判読不能)」。設置時期なのですが風化しているのと周りの模様で判読しにくくなってます。現地ではどうしても読めなかったので、撮ってきた画像を処理して解読を試みたところ、「明治三拾四年」と書かれている…ような気がします。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°52′24″.1
経度:141°37′04″.8
標高:---- m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/519-6ae6afc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック