標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2013/11/03(日)
山形県高畠町の龍ヶ岳山頂にある二等三角点。

この記事は「宮城・山形・福島県境上境界標」の続きである。

kanabaratouge1.jpg
3県の県境の所から龍ヶ岳の尾根上にある登山道に戻ってきた。相変わらず笹に埋もれているが、これでも先ほどのジャングルみたいな所に比べれば高規格道路みたいなものである。

kanabaratouge2.jpg
どうやらあれが山頂のようだ。直線で200mくらいしかないはずなのに結構遠くに見える。

kanabaratouge3.jpg
山頂が見えてきた。標石発見。

kanabaratouge4.jpg
龍ヶ岳の山頂に到着。ここの山頂は比較的狭いので、団体での登山には向かなそうだ。錆びて何が書いてあるか分からない看板とそれに吊した木製の山名標、そして標示杭代わりに設置された手作りの山名杭があった。
“金原峠”は点の記が無いので標石の所在地が不明である。ウォッちずを見ると宮城・山形の県境上にあるように見えるのだが、旧1:25000地形図だと明らかに山形側である。というかこの県境が、稜線よりも少し宮城側に引かれているのは何故なんだろう?所有権の問題なのだろうか?

kanabaratouge.jpg
標石です。欠けているところが少なく、きれいな状態です。

kanabaratouge5.jpg
標石の方角を確認したところ、通常は等級が書かれている方が南向きに設置されるべきなのに、真逆の北側を向いていました。石巻周辺でこういう標石をよく見かけましたが(一例)、選点者は違う方のようです。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25640727201
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:比9
緯度:37°58′42″.7140
経度:140°16′43″.4186
標高:994.43 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/525-6bf356c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック