標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/01/12(日)
仙台市太白区の市立坪沼小学校の南東1.2km付近にある二等多角点。

前回、県内の多角点が5つのブロックに分かれて設置されているように見えることを書いた。今回はこの中の「仙台市太白区-村田周辺」へ行ってみようと思う。このブロックというかエリアは過去にも探索しているが、未だに制覇していない。残念なことに、以前設置されていたが現在は亡失等で廃点になっている点もあるので今更完全制覇は無理である。なのであくまでも現存している(=閲覧サービスに表示される)点のみ目指すことにする。

15833_1.jpg
まず向かったのが“15833”である。以前“板橋”へ行ったとき、すぐ近くなのに行かなかった点だ。この事については、その次の記事“15832”の記事中で書いた通り「状況を見て、行くのをやめた」のだった。あの時は秋だったが、今回は冬なので格段に行きやすくなっているはずだ(但し雪が無いこと)。
板橋”の時と同様に県道31を村田方面へ向かい、画像のローソンの手前の交差点を左折する。【現在地

15833_2.jpg
交差点から1kmほど進むと東北道と交差する。この「村田33」のBOXカルバートを抜けた先をそのまま直進する。【現在地

15833_3.jpg
東北道を抜けて細い道を650mくらい進むと、左側に入って行ける道があった。点の記の要図を見ると、ここの右側に車を駐めたようなので真似をして駐めていく。【現在地

15833_4.jpg
荒れた道を少し進むと、画像のような建物があった。点の記に作業小屋と書かれているものだろう。

15833_5.jpg
道は小屋の少し先にある広場で終わっていた。点の記には「作業小屋より雑木林を東方向へ登る」と書いてあるが小屋の東には道が無い。良く見ると広場の奥の竹林に小径が続いている。行ってみよう。

15833_6.jpg
竹林を抜けると別方向から登ってきた道に出た。右へ行けば登りのように見えるが、どこへ続いているのか分からない。GPSを見ると多角点がある方角はほぼ正面なので、このまま登ってしまおう。誰かが登ったような跡もあるし。

15833_7.jpg
誰かが登ったような跡は先ほどの小径からの登り口だけで、後はいつも通り、何も無い雑木林…。まぁ今の時期だからこそ簡単に登れるんだよな。

15833_8.jpg
GPSを頼りに山頂付近に到着。遠くに保護石と思われる石と、なぜか足下に転がっている標示杭を発見。
約4年ぶりにリベンジ達成?

15833_9.jpg
ありました。ここも上面舗装の上面舗装かな?
標示杭は適当に挿しておきました。

15833.jpg
金属標のアップです。十字マーク周辺の変色が気になる…。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR95740262201
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°11′10″.9186
経度:140°46′59″.7119
標高:230.38 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/539-2f3a7ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック