標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/04/26(土)
福島県郡山市の高旗山山頂にある一等三角点。

先日“箟峯山”の記事でcaz3氏より「中学の頃、親に連れて行ってもらった高旗山に天測点があった(要約)」とのコメントをいただいた。天測点といえば全国にたった48ヵ所、宮城では箟峯山(のの岳)にしかない大変貴重でレアな測量遺産だ。可能であれば他も見に行きたいと思っていたが、場所を把握してないというか、遠くて見に行く暇が無いだろうと初めから調べもしていなかった。
高旗山について調べてみると、所在地は福島県郡山市の南西部、猪苗代湖の南東にある山で一等三角点があるという。ここなら日帰りでも何とか行けそうだ。一等の山だけあってWeb上の情報は豊富で、天測点に付随する子午線標の情報も得られた。こりゃもう行くしかない。

takahatayama1.jpg
郡山を目指して東北道を爆走する。郡山ICだと手前過ぎるため郡山南ICで降り、少し戻って福島県道6を西へ向かう。福島県道55との交差点より8kmくらい進み、画像の所で源田温泉(forestバン源田)方面へ左折する。【現在地

takahatayama2.jpg
800mほど進むと源田温泉の入口がある。高旗山へはここを左折し林道に入る。【現在地

takahatayama3.jpg
林道は道幅が広めで良く整備されており、前情報通り普通車でも問題無く走行できる。どういう意図か不明だが舗装とダートが交互に繰り返しあった。温泉より4kmほど進み駐車場に到着【現在地】。既に先客が数台いた。全て地元ナンバーで軽四駆車。地元の山好きな方たちなんだろうなぁ。
登山道の入口が良く分からないんだけど、みんな林道を先に進んでいるようなので、そっちへ行ってみるか。

takahatayama4.jpg
登る準備をした後、林道を徒歩で少し進むと登山道入口があった。では出発!【現在地

takahatayama5.jpg
登山道は傾斜が比較的ゆるやかで登りやすい。…はずだが、普段ロクに運動してない私にとっては結構地獄である。あぁ山頂は遠いなぁ…。ここの登山道は尾根に入ると山頂までの距離が100mごとに書いてあったり、鳥(トカゲ?)位置小熊?位置が出迎えてくれたりして結構楽しい。地元の山岳会かどこかが整備してくれているみたいだ。

takahatayama8.jpg
山頂の少し手前にある、高旗山を扱うWebページではお馴染みの鳥居と宇奈己呂和気神社本殿の場所の看板。右側のは祠かと思っていたが、あるのは賽銭箱のようなものだけで、どちらかといえば雨風をしのげる休憩所のように見えた。【現在地

takahatayama9.jpg
山頂が見えてきた。標示杭発見。
実はここのすぐ左の方に天測点があったのだが後回しにする。お楽しみは取っておこう。

takahatayama10.jpg
一等標石と立派な保護石、建設省時代の古い木製標示杭。そして奥には祠。いかにも山頂といった雰囲気だ。

takahatayama.jpg
標石のアップです。左手前の角が大きく欠けています。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR15640014601
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:館13
緯度:37°22′26″.4839
経度:140°12′15″.4935
標高:967.93 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/556-dcd8324b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック