標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/05/17(土)
栗原市の東北道築館IC料金所の北北西700m付近にある図根点。
※七ヶ浜町の“山の神”とは別。

以前、栗原市の築館周辺には多角点と図根点が点在しており魅力的な所だと書いたが、今回はその築館の図根点を見に行こうかと思う。
閲覧サービスを見ると築館付近には図根点が3点存在していることになっている。出来れば3ヵ所とも行きたいところだが、今回は他にも行きたいところがあるので、時間と状況を見ながら何ヶ所行くか決めることにするつもりだ。

yamanokami_k1.jpg
築館ICよりR4を北へ800mほど進み、画像の交差点を左折する。【現在地

yamanokami_k2.jpg
道なりに進み、東北道をくぐってから400mくらい進んだところ点の記に書いてある墓地があった。点の記では墓地の少し手前に車を駐めたようだが、誰もいないので墓地の入口に駐めることにした。【現在地

yamanokami_k3.jpg
そのまま墓地へ入っていったら画像の所で行き止まり。【現在地
…無理矢理突破するか。

yamanokami_k4.jpg
墓地から脱出すると草原だった。どう見ても墓地からではなく画像左下のほうから直接登ってきた方が楽だったはずだ。点の記に「墓地の脇を通り尾根を登る」と書いてあったのを「墓地の中を通り」と勘違いしていたようだ。ちゃんと読めよ俺…。

yamanokami_k5.jpg
GPSを見ながら草原の北西角へ来たが、辺りを見回しても道が無い。【現在地
こりゃ行くしか無いんだろうな。やっぱり。

yamanokami_k6.jpg
ついこの間まで寒くて何も無かったはずなのに、いつの間にか木々には青葉が繁り、下草が生え、クモの巣まで出来てやがった。嫌な季節になってきたな。まだ暑くなく蚊がいないだけマシか。

yamanokami_k7.jpg
GPSを頼りに道の無い尾根を登って行き、図根点の近くまで来た。本当にあるんだろうな?

yamanokami_k8.jpg
標示杭発見!良かった。

yamanokami_k.jpg
標石です。
「図根点」と彫られた面の裏側(北側)には「宮 15」と彫られていました。このように図根点も四等標石同様、北側の面には標識番号が彫られるようです。先月行った“裏薬来”にあった図根点標石のリサイクルっぽい四等標石の図根点側の北面には何も彫られていなかったので、あの標石はどこかの図根点から引き抜いてきた物では無く、図根点標石の余剰在庫品だった可能性が高いということになります。

標示杭に思いっきり突っ込みを入れたいところだけど、既に使い古されたネタなのでやめときます(笑)

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR65841005001
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:協3
緯度:38°42′53″.9906
経度:141°00′29″.3386
標高:83.83 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/563-a77074ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック