標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/06/28(土)
石巻市・網地島の網地島開発総合センター敷地内にある電子基準点(地殻変動観測点)。
※この記事は“網長”の続きです。

次は“S石巻”へ向かう。
閲覧サービスで割と最近よく見かけるようになった、点名に「S」が付く電子基準点である。何だろうと思っていたが、先日「ゆうさんの三角点」の記事を見て、これが地殻変動観測点の一種だということが分かった。それにしても点の記が公開されてない物も含めて地殻変動観測点っていろんなのがあるんだなぁ。
牡鹿半島周辺には点名が「S石巻○○」という点が数ヶ所あるが、ここは単に“S石巻”だ。震災で5m移動して1m沈んだことにより全国的に有名になった(?)電子基準点“牡鹿”から最も近い点ということで、石巻地区を代表する地殻変動観測点という位置づけなのだろうか?

“S石巻”は網小医院の隣にある、石巻市網地島開発総合センター内にあるようだ。点の記には駐車場にあると書いてあるので、入ってもたぶん問題無いだろう。

s_ishinomaki1.jpg
先ほどの所から網小医院の前まで戻ってきた。網地島開発総合センターは目の前のカーブの所にある白い建物のようだ。【現在地

s_ishinomaki2.jpg
センターの前まで来たら予想通りもう見つかった【現在地】。ゆうさんの記事で見たのと同じく、確かに茶色だ。変なの。
変と言えば、このセンターの建物に書かれている施設名が牡鹿町網地島開発総合センターのままになってました(笑)

s_ishinomaki.jpg
地殻変動観測点の本体。
設置場所は駐車場というより、空き地というか荒れ地といった感じ。

s_ishinomaki3.jpg
電子基準点ではお馴染みの「つくばに繋がってるよプレート」。
同じ地殻変動観測点でも、女川原発近くの寄磯浜にあるクラスタ観測点とは違う書き方だし、「牡鹿」+数字の地殻変動観測点(一例)なんかプレートそのものが無い。熊ヶ根とかにある点の記非公開のとも違う。そもそも点番号が書かれてない。「S」タイプオリジナルプレートと言ったところか。

s_ishinomaki4.jpg
付属標です。点番号はここに書いてありますが(No. 05S054)、一般的に付属標の点番号は電子基準点本体の点番号の末尾に「A」を付けたもののはず。点の記にも「付属標番号No. 05S054A」と書かれているのに。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:EL05741332803
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°16′00″.5244
経度:141°28′39″.9108
標高:96.38 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/577-6abc4e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック