標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/07/27(日)
石巻市の旭山(県立自然公園旭山)山頂付近にある宮城縣標石。
※「宮城縣標石」とは宮城縣と彫られている標石のうち、境界標以外の基準点と思われるものの通称で、正式な名称ではありません。

先日、“大嶽山”の記事のコメントで、ゆうさんより私が怪しいと思っていた標石らしき石が宮城縣標石だったという報告を受けた。今回はその標石を確認に行こうかと思う。同じコメント内で、以前二等磁気点地殻変動観測点を見に行った石巻の旭山にも宮城縣標石があるとの情報を得たので、まずはそれを確認していくことにする。

asahiyama_miya1.jpg
そんなわけで、またまたやって来ました旭山。まさか3度も来るとは思ってなかったよ…。【現在地

asahiyama_miya2.jpg
この山は途中まで車で登ることが出来るので比較的楽なのだが、車止めから先の道が結構急勾配のため、そこからがキツい。今日も朝から暑いので既にもう汗だくである。やっといつもの東屋が見えてきたな。もうすぐだ。【現在地

asahiyama_miya3.jpg
ゆうさんによると、宮城縣標石は「三角点の近くのフェンスの辺り」にあるとのこと。フェンスって…あれのことか。うん、確かに標石っぽいのがあるぞ。

asahiyama_miya4.jpg
標石は水道施設のフェンスのそばにありました。三角点からこんな近くにあるのに気が付かないなんて…。

asahiyama_miya.jpg
標石です。「宮城縣」の文字が見た事の無い書体で彫られています。

asahiyama_miya5.jpg
「A四号」と彫られています。以前“浅生原”で見た標石には「C十六号」と彫られていたので、このアルファベットは等級または地域を表す物なのかもしれません。ゆうさんによれば、“大嶽山”のも含めてここら辺の宮城縣標石には「A」と彫られているようなので地域なのかな…?

asahiyama_miya6.jpg
「明治二十六年」と彫られています。廿六でなく、ちゃんと二十六と彫られています。月は彫られてません。“浅生原”のと同じ年です。残りのもう一面には何も彫られてませんでした。

asahiyama_miya7.jpg
上面は四角錐タイプで穴はありません。

いやぁ、それにしても旭山って凄いなぁ。基準点のデパートじゃん(例えが古っ)。“牡鹿1”の記事で「1粒で3度もおいしい山」と書いていたが、今回4度もおいしいというアーモンドグリコの倍もお得な山ということが判明した。…これ以上また他にも何かあるってこと無いよなぁ。地理院地図を見ると、なぜか三角点マークが2つあるし。これ“牡鹿1”だよなぁ?

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38 °29′25″.3
経度:141°10′51″.0
標高:173.14 m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高はすぐ近くの「朝日山」のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
旭山行って来たんですね。
漢字は手彫りかんあるのに、Aの字だけ、めちゃ不自然ですよね!
2014/07/31(木) 18:06 | URL | ゆう #-[ 編集]
こんばんは。
そうですね(笑)Aだけ妙に浮いた感じになってます。
当時の人にとっては、アルファベットは単なる記号に過ぎなかったからでしょうね。
2014/07/31(木) 19:42 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/584-a3785aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック