標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2014/10/26(日)
栗原市の道の駅「路田里はなやま」の北西1.2km付近にある三等三角点。

湯浜”へ来たついでに簡単そうな所へもう1ヵ所行ってみようと思う。

hyugayama1.jpg
R398を花山御番所より、花山ダム方面へ10kmくらい戻る。三角点はちょうどこの左上辺りにあるはずだ(花山ダムの方から来るとこんな感じ)。道路左側に旧道跡があり、そこへ車を駐められそうなので左折してみる。【現在地

hyugayama2.jpg
点の記を見ると、ここら辺から登っていく道があるようだけど…無いなぁ。幅1mくらいの神社の参道らしいので、すぐ見つかりそうなんだけど。【現在地

hyugayama3.jpg
旧道跡を進むと舗装が途切れた。この先に民家などは無いはずだが、道はさらに続いている。もしかして…

hyugayama4.jpg
あぁやっぱり。ここから登ればいいんだな。【現在地

hyugayama5.jpg
画像では一見荒れているように見えるが、杉の枯れ葉が落ちているだけで立派な階段があるし、ちゃんと鳥居だってある。確かに参道のようだ。

hyugayama6.jpg
このプラ製の階段って東北電力の巡視路っぽいなぁ。入口にいつもの黄色い標識は見当たらなかったけど、山の上に鉄塔があるようだし。便乗して整備してもらったのかな。

hyugayama7.jpg
少し登ると道が分岐していた。まぁ、右だろうな。【現在地
直進すれば鉄塔へ行けるのだろう。

hyugayama8.jpg
山頂付近に到着。社というか大きめの祠があった。今来た参道はこの神社のためのようだ。【現在地

hyugayama9.jpg
三角点はさらに奥のほうにあるようなので、そちらのほうへ進む。急に道が悪くなったなぁ。

hyugayama10.jpg
標石とラベルが剥がれた標示杭を発見。
どーれ、ここも刈払うかな。

hyugayama.jpg
標石です。何も書いてない標示杭ってのは良くありそうで意外と少ないよねぇ?

hyugayama11.jpg
プラ杭のそばに落ちていた、以前の標示杭の一部と思われる木杭の破片。なんと手書きです!
左側は「基本」、右側は恐らく冠字選点番号と杭の設置日で「詩(42) 昭和五」?と書いてあるように見えます。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35840165601
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:詩42
緯度:38°47′57″.6596
経度:140°49′54″.7951
標高:224.84 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/604-dea9a0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック