標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/01/11(日)
仙台市宮城野区岡田の賀茂皇大神社境内にある宮城縣几号水準標。
※この記事はウーメラ氏の情報提供(出典は浅野勝宣氏・畠山未津留氏の現地調査によるもの)を参考にしました。

今日は天気が良いので遠出しようと思っていたのだが、3日の朝から腰が痛く、整骨院に通っているものの一週間以上経っても治らない。今までの人生でこれだけの長期間腰が痛いのは初めてのことである。前日の金華山登山が良くなかったのだろうか?…にしては治るのが遅すぎる。もしかして金華山で何か罰当たりな事でもしてしまったのだろうか?うーん、山頂にあった保護石みたいな物の中心をほじくったせいか?それとも八合目付近立ち小便をしてしまったからだろうか?何が神の逆鱗に触れたのかは分からないが早いとこ治してほしいと思う。…いや、治してください、お願いします。辛いんです、ホント。

okada_m1.jpg
それでも何か探したいので友人Kにお願いして車を出してもらい、ウーメラ氏提供のデータを元に簡単そうな所へ行くことにした。
まずは、R4仙台バイパス卸町交差点から東へ向かう。【現在地

okada_m2.jpg
道なりに2.4km進み、東部道路を横断するように交差点を直進し、向かいのセブンイレブンに駐車する。【現在地

okada_m3.jpg
ここのはずだが…?【現在地

okada_m4.jpg
あれ?これかな?【現在地

okada_m5.jpg
もう見つかってしまいました!超楽勝だぜ!

okada_m.jpg
「宮城縣」

okada_m6.jpg
漢字の「不」に似た几号。先日八幡町で見た物よりも控えめです。

okada_m7.jpg
「第八…」なんだこりゃ。
普通なら号か號なんだけど、号の右側が扁か后みたいな漢字になってる。読みからいうと「后」かな?いや、全然違うな。もう10年は使っていない漢和辞典を引っ張り出してきて調べてみるも、こんな漢字なんて無ぇ。これ分かってて彫ったのかな?役人からこんな感じで彫ってくれと適当な字を書いた紙を渡されて記号の感覚でそのまま彫ったんだろうか?…几号だけに。
※号の右側の漢字は「乕」で、「虎」の意味だそうです。なので「號」と同じ漢字と考えて良いようです。(2015/1/24追記)

okada_m8.jpg
「明治四十一年」
比較的新しいほうかな?

okada_m9.jpg
上面です。平坦で穴はあいていません。最近の水準点標石のような出べそも付いてません。どこを基準にしてるのかな?

標石の大きさは15.4x15.4x35cm(5寸角)、几号の大きさ横9cm、縦10cm でした。

okada_m10.jpg
ん?何か気になる物があるぞ。

okada_m11.jpg
これは仙台市の水準点のようですが、閲覧サービスで公共基準点を検索しても出てきませんでした。使ってないのかな?コンクリ枡のフタを開けようとしたけど凍ってて開かなかったです。あまり興味ないからいいや。
同じ敷地内に新旧の水準点が設置されてて珍しいと思いました。

この後、車を駐めさせてもらったコンビニで、ちゃんと買い物していきましたからね。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°15′21″.6
経度:140°57′49″.3
標高:3.5 m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高は地理院地図で右クリックしたときに表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/624-12d4c988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック