標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/01/18(日)
多賀城市のJR東北本線陸前山王駅の西南西1.8km付近、七北田川左岸堤防上にある宮城縣三角標。
※この記事はウーメラ氏の情報提供(出典は浅野勝宣氏・畠山未津留氏の現地調査によるもの)を参考にしました。

金華山登山から2週間が経ったが、罰当たり者(笑)の腰痛は一向に良くならなかった。なので先週と同様に今回も友人Kの助けを借りて、ウーメラ氏の資料を元に宮城縣標石を探そうと思う。
行き先は三角点激少の地、多賀城だ。

niida_ms1a.jpg
R4仙台バイパスより、県道8(利府街道)を利府方面へ進み、岩切大橋を渡ったところの画像の交差点を右折する。【現在地

niida_ms1.jpg
みやぎ生協などがある交差点位置を右折して200mほど進み、さらに岩切駅手前の画像の交差点を左折して県道35の旧道に入る。【現在地

niida_ms2.jpg
ここを右折して東北本線のガードをくぐる。県道35名物、激狭ガードである。【現在地
画像のガードの中あたりに変な物が写り込んでいるが、心霊とかでは無く、車内から撮った際にダッシュボード(バックミラーかも)が写り込んだだけなのでご安心を。

niida_ms3.jpg
ガードを抜けたら、すぐ右折する。【現在地】 (県道35は、ここを左へ進む)

niida_ms4.jpg
新幹線高架沿いに100m進み、左折。【現在地
ここは、いつ通っても分かりづらい。

niida_ms5.jpg
道なりに350mくらい進むと、堤防へ上がって行けそうな道がある。【現在地

niida_ms6.jpg
少し進むと駐車場のようなスペースがあるので、車はここに置いてこの先は徒歩で行くことにしよう。【現在地

niida_ms7.jpg
七北田川の堤防を歩く。腰痛で少し前屈みにならないと歩けない自分が情けない。【現在地
余談。この辺りの地名は多賀城市新田ですが、ここの少し西(南西かな?)のほうにも仙台市宮城野区新田という地名があります。一見ごっちゃになって紛らわしいんですけど、ここら辺は「にいだ」と読み、宮城野区のは「しんでん」と読んで区別しているようです。

niida_ms8.jpg
大体ここら辺かな。おや?何か標石っぽいのが…?【現在地

niida_ms9.jpg
現在の堤防の外側にある、以前の古い堤防のようなものの上に標石があった。

niida_ms10.jpg
うわぁ埋まってて「宮」しか読めない。…仕方ない、掘るか。

niida_ms.jpg
「宮城縣」

niida_ms11.jpg
「大正四年十一月」
先日見に行った七ヶ浜の少し前頃のようです。

niida_ms12.jpg
「第五十三號」
この周辺の標石は、この略字ばかりだな。当時は普通に使ってたのかな?

niida_ms13.jpg
「三角標」
三角標は昨年の暮れにトヤケ森山で見た以来ですが、こっちのほうが15年以上後ですね。

niida_ms14.jpg
上面です。三角標なので十字マークが彫られています。「宮城縣」の面が、ほぼ南向きです。

標石の大きさは15.8x15.5x37cm (5寸角。高さは掘った状態でのもの)です。
あ…十字マークの大きさ測ってなかった。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°17′44″.4
経度:140°57′33″.1
標高:8 m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高は地理院地図で表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
最近は宮城縣標が多いですね!
自分も見つけたら載せときます。

今日久しぶりに三角点行ってきました。
2015/02/15(日) 18:53 | URL | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、こんばんは。ご無沙汰してます。
宮城縣標石は地形図に載ってませんし意外なところにあるのが面白いですね。
最近のは他の方が苦労して見つけ出したのをただ見に行ってるだけなので、ちょっと申し訳なく思ってたりします。私も自分で見つけ出そうと思い、山頂にある三角点へ行ったときは周囲を探すようにしてますが、なかなかお目にかかれませんね。
ゆうさんの久しぶりの更新、期待してます。
2015/02/15(日) 20:23 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/628-8ce72839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック