標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/01/18(日)
多賀城市の田子大橋の北東100m付近、冠川神社境内にある宮城縣基標。
※この記事はウーメラ氏の情報提供(出典は浅野勝宣氏・畠山未津留氏の現地調査によるもの)を参考にしました。

多賀城市新田には他にも宮城縣標石があるという。ここからすぐのようなので行ってみよう。

niida_mk1.jpg
先ほどの道へ戻って、R45方面(南東方向)へさらに1.2km進み、画像の交差点を右折する【現在地

niida_mk2.jpg
100mくらい進み、ここを右折。【現在地

niida_mk3.jpg
ありゃ、神社の裏っぽいな。…ん?あれが標石かな?

niida_mk4.jpg
冠川神社か。冠川は七北田川の別称だから川の神様なのかな?…にしてもあの石、少し大きくないか?【現在地

niida_mk.jpg
「宮城縣」
確かに宮城縣標石だけど、標石でかっ!!

niida_mk5.jpg
「基標」
初めて見ました。これとほぼ同じ物が、七北田川河口付近の右岸(貞山堀閘門付近)に以前あったようです。
うーん、見づらいなぁ。こっちの画像の方がいいかな?

niida_mk6.jpg
「第七號」

niida_mk7.jpg
「大正四年十一月」
先ほどの堤防上にあったのと同時期ですね。資料によれば、河口右岸にあった基点もこれと同時期だったようです。

niida_mk8.jpg
上面です。十字マークなので、やはり三角測量で使ったのでしょうか?基標という名前でこの大きさですから、一等三角点みたいなものかな?

標石の大きさは18x18x57.5cm (6寸角。高さは露出部も含めた全体。本来地上に出る部分は36cm)です。
十字マークの大きさは縦横9cm(3寸)です。
やはり6寸角で一等標石と同じでした。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°17′15″.4
経度:140°57′49″.2
標高:7.1 m
※経緯度は地理院地図から求めた値です。
※標高は地理院地図で表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/629-24708613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック