標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/02/15(日)
涌谷町の城山公園(涌谷城跡)内にある宮城縣三角標。
※この記事はウーメラ氏の情報提供(出典は浅野勝宣氏・畠山未津留氏の現地調査によるもの)を参考にしました。

次は涌谷へ向かう。

wakuya_m1.jpg
先ほどの所よりR346を涌谷方面へ進み、涌谷高校手前の画像の交差点を右折する。【現在地

wakuya_m2.jpg
道なりに1kmくらい進み、涌谷大橋手前の画像の交差点を右折。【現在地

wakuya_m3.jpg
目前に立派なお城が見えてくる。実はこれ天守閣っぽく造った涌谷町立史料館なのだそうだ。今回探しに行く標石はこの史料館のそばにあるらしい。【現在地

wakuya_m4.jpg
交差点から500mくらい進むと駐車場の入口がある。無料なので躊躇せず入る。【現在地

wakuya_m5.jpg
車から降りて、城山公園へ入る。【現在地

wakuya_m6.jpg
さっき下から見えた天守閣風の史料館のほうへ向かう。【現在地

wakuya_m7.jpg
それっぽいのがありましたよ。【現在地

wakuya_m.jpg
「宮城縣」
ありました。かなり傾いてますね。ちょっと露出もしてるようです。これがもし現行の標石ならば使えない状態です。

wakuya_m8.jpg
「第三〇號」
卅でなく参拾でもなく、普通に三十というわけでもなくて三〇!
珍しい書き方ですね。

wakuya_m9.jpg
「明治三十二年」
でもなぜかこっちの面は三十二なんだよね。変なの。
確かに三〇二じゃ302になっちゃうしね。

wakuya_m10.jpg
「三角標」
太陽の位置の関係でこの面が一番良く写ってます(笑)

wakuya_m11.jpg
三角標ですので上面は平らで十字マークがあります。

大きさは15.5cm×15.5cm×56cm (本来地上に出る部分は37.5cm)5寸角です。
十字マークの大きさは9cm(3寸)でした。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°32′39″.3
経度:141°07′56″.4
標高:23.0 m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高は地理院地図で表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
基準点観覧の河南町の細田山の点の記を見たら、明治26年A7号ってありました、間違いなく宮城縣ですね。
自分がいったときには分かりませんでしたが。
ここは藪歩きなので今の時期がいいとおもいます。
自分は採石場横の墓地の所からのぼりました。点の記でも同じみたいです。
2015/03/04(水) 21:45 | URL | ゆう #-[ 編集]
点の記確認しました。
本当に書いてありますね!大抵「境界標」とか書かれてしまうんですが。機会があれば行ってみたいと思います。情報ありがとうございました。
2015/03/05(木) 01:52 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/636-d0af50a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック