標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/04/04(土)
塩竃市寒風沢島の大平戸山山頂にある三等三角点。

記事とは関係ない事なので敢えて書かなかったが、前回の出島は以前1日に二等を8ヵ所行ったとき同行してもらった(※)友人のHと一緒に行った。Hに他にも島へ行く予定は無いのかと聞かれ、「行くのであれば定期船が出ている塩竈の浦戸諸島かなぁ」と答えたところ、即行くことが決定してしまったのである。
浦戸諸島は松島湾の入口、大高森がある宮戸島の西に並ぶ島々で、地図を見た感じでは松島町か東松島市(旧鳴瀬町)に属していそうだが、歴史的な経緯なのか、はたまた市町村の力関係のせいなのか西端の馬放島等を除いてほとんどが塩竈市となっている。そのため定期船はわざわざ遠い塩竈から乗るはめになる。
三角点は定期船で行ける島のうち、桂島・野々島・寒風沢島の3島に存在しているが、野々島にあるのは小学校校舎の屋上に設置されているので、たぶん無理だろう。なので目的地は桂島と寒風沢島の2島ということにした。2つの島にはそれぞれ三等が1つずつあり、どちらも柴崎芳太郎氏の選点・設置の点である。これだけでも行く価値はありそうだ。他にも寒風沢島に四等が1つあるのだが、行きづらそうな所にあるので行くかどうかは状況次第ということにしよう。

…というわけで、前回「離島シリーズ最終回」と書きましたが、続行することになりました(笑)。これでたぶん第7弾くらいだと思います。

※2009/5/2の記事。(“寺山”~“四竃”)

hirato1.jpg
まずは定期船に乗るために塩竈の「マリンゲート塩釜」に来た。【現在地
実は、恥ずかしながら今までマリンゲート塩釜が定期船乗り場だということを知らなかった。ただの土産物売り場というか観光施設だと思っていたのだ。マリンゲートという意味をよく考えれば分かったはずなのに…我ながらアホだ。

hirato2.jpg
乗る船はおしみ…じゃなくて「みしお」(77t)である。少しボロいが定期船としては十分だ。早速2階のデッキへ上がり観光気分を満喫させていただきました。

hirato3.jpg
寒風沢島に到着【現在地】。画像の左端に写っているのが桟橋である。
本来、塩竈からは45分ほどで到着するのだが、この日は干潮で馬放島の南を通るコースに変更されたため10分程遅れて到着した。

hirato4.jpg
それじゃ出発!【現在地
寒風沢島の港は内側(松島湾側)にあったため津波の直撃を受けておらず、浸水はしたものの建物は比較的残っているようだ。船で来る途中に見た感じでは、他の島も同様だった。

hirato5.jpg
港から道なりに550mほど進むと画像の所に到達する【現在地】。ここを右の方へ進む。
画像からは分かりづらいが、画像中央の電柱の下に「追分」と書かれた道標の標石のような物があった。

hirato6.jpg
「追分」を右折した先は田んぼの中の通るまっすぐな道となる。【現在地
遠くに目的地の大平戸山が見えてきた。

hirato7.jpg
点の記に従って、「追分」から道なりに850mくらい進み、画像の所で左折する。【現在地

hirato8.jpg
200mくらい歩くと防潮堤がある。ここを北へ進めば大平戸山だ。【現在地

hirato9.jpg
さてと…どこから登ればいいんでしょうねぇ?【現在地
画像の赤矢印の所が何となく入口っぽく見えるけど…。

hirato10.jpg
うーん、人が通ったような跡があるといえばあるな…。行くしか無いんだろうな。

hirato11.jpg
どこが道なのかさっぱり分からず、闇雲に登って行く。周りは笹だらけなので、これ幸いとつかまって登ろうとするが、すぐに折れてしまい役に立たない。くっそー使えねーなぁ。

hirato12.jpg
何とか山頂付近に到達。標示杭発見。
H君も頑張って登ってきてくれました。

hirato.jpg
標石です。標示杭は木製。

hirato13.jpg
標石の北西のほうに何やら道っぽいものを発見。
今来たルートを戻るのが嫌だったので、ダメ元で進んでみる。

hirato14.jpg
道は尾根沿いに続いていて状態も良好。普通の山道だった。
そして最終的に画像の所へ出てくることが出来た。【現在地
もし、万が一、大平戸山へ登りたいという物好きな方がおられましたら点の記の情報を鵜呑みにせず、ここから登ることを強くお勧めします(笑)。でも何で測量会社の人はここから登らなかったんだろう?。震災直後で、ここら辺が浸水してたのかな?

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35741319001
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:景38
緯度:38°19′41″.0658
経度:141°07′41″.7703
標高:29.96 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/645-e2ca167c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック