標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/05/02(土)
茨城県つくば市の国土地理院構内守衛所裏にある一等水準点。

今年のGWは以前から行ってみたかった、つくば市の国土地理院へ行こうと思う。
国土地理院は基準点の“総本山”だけに、構内にはいろいろな基準点があるらしい。なので一度行けば当分記事のネタには困らなそうなのだが、残念ながら国土地理院はテーマパークではなく国の機関なのである。そんな所の構内を部外者が勝手に歩き回って良いのだろうか…?

11231_1.jpg
常磐道を南進し土浦北ICで降りる。車のナビに従い国土地理院へ向かう。
おぉー!目の前に「筑波原点」のやぐら(※)が見えてきたぞ!!【現在地

※後で分かったことですが「筑波原点」のはただのやぐらではなくて、正式には測地観測塔というのだそうです。

11231_2.jpg
国土地理院正門前に到着。【現在地
画像からは分かりにくいが、守衛前に「特別警戒」なんて看板が立ってる。たぶんテロ対策だろうけど、特別に警戒しているのに入れるのか?ボディチェックとかされるのかな??でも「地図と測量の科学館」行きの人とかもいるし…。とりあえず行ってみるか。

11231_3.jpg
車で守衛の前まで行くと、特に止められることも無く駐車場へ案内された。余計な心配だったようだ。【現在地

11231_4.jpg
じゃ、まず守衛所の裏にあるらしい一等水準点へ行ってみようかな?

11231_5.jpg
あら、もう見つかっちゃったよ。「特別警戒」らしいので、念のため守衛さんに「水準点を見せてください」と断っておきました。

11231.jpg
ごく普通の一等水準点標石ですが、場所が場所だけに保護石が丁寧に設置されてるような感じ。あれ?良く見ると見慣れない標示板がもう一本立ってる?

11231_6.jpg
地理調時代の標石です。点の記には選点が昭和55年と書かれてるので、恐らく国土地理院がつくばへ移転した際に標石も近くの道路脇から移転したのではないかと。そういえば水準点標石の裏側って番号が彫ってあるんだったっけ?初めて見たような気がするなぁ。

11231_7.jpg
気になるもう一本の表示板には、こんなことが書いてあります。何とスマホをかざすと水準点の情報を閲覧できるのだそうだ(※)。さすがは総本山、最先端だわー。QRコードを読ませると→こんな感じ。場所を表示するだけみたいですね。

※これもICタグと同様にインテリジェント基準点の一種だそうです。【参考資料(PDF注意)】←最後のページを参照のこと

MAP

地形図

DATA
基準点コード:L010000011231
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B000000000309EA88A679BAFFC1
冠字選点番号:無し
緯度:36°06′12″.9550
経度:140°05′06″.1962
標高:25.3793 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/649-291b38b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック