標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/05/02(土)
茨城県つくば市の国土地理院構内にある超長基線電波干渉計(VLBI)観測点。
※この記事は“筑波原点”の続きです。
※VLBIについての解説は→コチラ

tsukubaVLBI1.jpg
次はVLBI観測点へ行ってみる。しかしデカいパラボラアンテナだなぁ…。【現在地
点の記を見るとVLBI観測点はパラボラアンテナそのものでは無く、近くにある金属標のようだ。ちょうど電子基準点と付属標の関係みたいなもので、今回は付属標が目的といった感じかな。
パラボラのお椀の外側には「星がつたえる大地の動き VLBI 国土地理院」と書いてある。これ、院内で募集したんだろうなぁ。採用された人は金一封でも貰えたのだろうか?

tsukubaVLBI2.jpg
VLBI観測室の入口【現在地】。入口の脇に何か凄く立派な説明板のような物がある。
坂の上にカラーコーンが置かれているが車両の乗り入れを制限しているだけのようで、立入禁止というわけではなさそうだ。どうやら国土地理院構内の広場に関しては特に立ち入り制限が無いようなので勝手に歩き回ってるけど良いのかなぁ…。

tsukubaVLBI3.jpg
説明板を見てみる。

つくばVLBI観測局

VLBI(Very Long Baseline Interferometry:超長基線電波干渉計)は、宇宙のかなたにある電波星(準星)から放射される電波を地表の2地点のアンテナで同時に受信し、その到達時間の差から受信アンテナ間の相対位置関係を高精度に決定する装置です。アンテナ間の距離が数千キロメートル離れていても、わずか数ミリメートルの正確さで位置を決定することができます。

建設省国土地理院

…うーん、昔仕事でレーザー干渉計ってのを扱ったことがあるけど、それとは違うのね。分かったような分からないような??
でもさ、どんなに「正確です!!」って言ってもあくまで理論上の話であって、実際に合ってるか確かめる方法なんて無いと思うんだけど、どうなんでしょう?

tsukubaVLBI4.jpg
アンテナの土台には車輪が付いていて360度回転出来そう。当然自走だよな?

tsukubaVLBI5.jpg
この建物がVLBI観測室(看板には観測棟と書いてある)【現在地】。この中であの巨大パラボラをグルグル動かしたりすることが出来るんだろうと思います。制御パネルとか見てみたいなぁ。
お目当ての金属標はここの左にあるはず。監視カメラだらけだけど、別に悪いことをするわけじゃないので堂々と進みます。

tsukubaVLBI6.jpg
おぉ、あった!

tsukubaVLBI7.jpg
…けど、一応分類上は経緯度原点なのに、それにしては何か寂しいというかこれだけ?といった感じ。本当の「経緯度原点」は東京都港区の日本経緯度原点なのだから(※)仕方ないのかも。

※測量法で定められている。


tsukubaVLBI.jpg
金属標です。
直径は14cmくらい。先ほどの“筑波原点”よりもさらに大きいです。やはり一等と経緯度原点の格の違いか。
台座の石は1辺55cmの正方形でした。

tsukubaVLBI8.jpg
説明板。

VLBI観測点

本観測点は、つくば超長基線電波干渉計(Very Long Baseline Interferometer/VLBI)によって国際的に観測されるアンテナの中心位置と国の基準点網とを測地的に関係づけるために設置された点である。
また、平成13年に測量法が改正され、測量の基準として世界測地系を採用することとなったが、これに伴う測量法施行令の改正により、本点は日本経緯度原点(東京都港区麻布台)に対する原点方位角の目標点に定められた。

国土地理院

だそうです。
細かいところですけど、入口にあった説明板には干渉計のことをInterferometryと表記してましたが、こっちはInterferometerと書いてあります。まぁどっちでも通じるんでしょうけど、どこにも「電波」の単語が入ってねーじゃん!!

tsukubaVLBI9.jpg
これは近くにあるVLBIアンテナの説明板。【現在地

tsukubaVLBI10.jpg
…はぁ、なんかもう入力するの面倒くさいなぁ。画像下の諸元とか目を凝らせば読めますよね?
パラボラの直径は32mだそうです。確かにデカい!!あと回転は355度出来るそうですよ。1秒当たり3度回転できるので1分で180度回っちゃうみたいです。スゲー!!

tsukubaVLBI11.jpg
これはパラボラアンテナの北西にあったVLBI補助点。【現在地
保護石が無駄に立派です。

tsukubaVLBI12.jpg
金属標のアップです。
No.2ということはNo.1もあるはずなのですが、結局どこにあるのか分かりませんでした。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TRG5440102702
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:36°06′11″.5043
経度:140°05′20″.7067
標高:25.31 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/652-87b71eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック