標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/06/07(日)
山形県山形市のハマグリ山にある山形縣標石。
※この記事は「笹谷峠宮城縣標石」の続きです。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしました。

hamaguri_y1.jpg
さてと、次はあの上へ行くのか…。もう宮城縣標石は見つかったことだし、やめて帰っちゃおうかな…。【現在地

hamaguri_y2.jpg
でもやっぱり山形縣標石ってのも見てみたいし、行くしかないよなぁ。【現在地

hamaguri_y3.jpg
山形縣標石はこの山の上にある三等“烏帽子”のすぐそばにあるらしい。“烏帽子”の点の記を見ると要図に「境界杭」として描かれているのが、どうやらこの標石のことのようだ。ところでこの烏帽子(えぼし)という点名だけど「蔵王えぼしスキー場」というのがあるように、どう考えても蔵王付近にあるはずなのに、なぜここが烏帽子なのか。地図で確認すると蔵王刈田岳の南東に前烏帽子岳後烏帽子岳があり、前烏帽子岳の尾根上には三等の“烏帽子”が実在する。選点者の勘違いで隣の山の名前が点名になるのは結構ある事だけど、ここまで遠くの山名が点名になるというのは何かおかしい。実はこの山も昔は烏帽子と呼ばれていたのかも…?【現在地

hamaguri_y4.jpg
では、この山は何という名前なのだろうか。地理院地図や、その他の一般的な地図を見ても山名が書かれていないが、ネットで調べてみるとどうやら「ハマグリ山」という名前らしい。山容がハマグリに似ているのだろうか?そういえば七ヶ宿にも蛤山ってのがあったっけな。【現在地

hamaguri_y5.jpg
手前のピークに到着。【現在地
先ほどの宮城縣標石はここにあるのかと思ってました。

hamaguri_y6.jpg
向こうに見えるのが三角点と山形縣標石がある山だ。もう一息だな。

hamaguri_y7.jpg
もうそろそろのはず。【現在地

hamaguri_y8.jpg
おっ、これだな。地図を見れば分かるように山頂にあるわけではありません。

hamaguri_y9.jpg
周りをきれいにしました。それじゃまず、山形縣標石から。

hamaguri_y.jpg
結構キズが入ってますね。草刈機にやられたかな?

hamaguri_y10.jpg
「山形縣」
確かに山形縣標石です。見た目も結構古そう。石質は何だろ?モルタルっぽくも見えるけど…。

hamaguri_y11.jpg
「第二六號」

hamaguri_y12.jpg
「東沢○」(○の字が判読出来ませんでした)
東沢とは旧東沢村のことで、この標石が東沢村内にあったもの、または担当が東沢だったことを表してるのではないかと思います。東沢村はその後山形市に編入されて、今では山形市の一部になっていますが「東沢地区」として名前は残っているようです。

舘沢氏より以前の標石の画像を送っていただき確認したところ、この面には「東沢模範」と書かれているようです。この模範とは模範林のことで、模範林をネットで調べると「造林の模範を示すため、営林局や府県などが設けた森林」と出ます。つまりこの一帯は山形県が造林の模範を示すため設けた森林ということになり、この標石はその模範林の境界杭であった可能性が高いです。 現在でも山形県の機関として「東沢模範林事務所」というのがありますから、ここが昔設置した物ではないかと思われます。舘沢さん、ありがとうございました。(2015/6/16追記)

hamaguri_y13.jpg
この面には何も書かれていないようです。

hamaguri_y14.jpg
上面です。十字マークが付いています。
標石の大きさは12.0x12.0x21cm (4寸角)です。十字マークの大きさは5.2cmでした。

標石があまり大きくなくモルタル製っぽいことから、この標石はいわゆる「宮城縣標石」とは用途が違い、点の記に書かれているようにただの「境界杭」なのかもしれません(実際「宮城縣」と書かれた境界杭もあります)。ちょうどここは県境上ですから、その可能性は大いにあると思います。
まぁ「山形縣」と書かれている標石なので「山形縣標石」で間違いは無いんですけどね…。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°14′04″.9
経度:140°28′15″.5
標高:1146.08 m
※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高はすぐそばの三等「烏帽子」のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/08(水) 19:40 | | #[ 編集]
こんばんは、ご無沙汰しております。
非公開で書き込みされましたが、隠すような内容ではありませんし返答が出来ませんので、お名前を出さずに書きますね。
お馴染みの「山」の標石は林野庁が設置した国有林の境界杭です。この記事の標石は正体がハッキリしていませんが、恐らく山形県の東沢模範林事務所が設置した「東沢模範林」の境界杭ではないかと思われます。なので管理者は異なりますが境界を示す標識という使われ方としては同じような物だと思います(三角点等の基準点とは異なります)。
念のため「国土情報ウェブマッピングシステム」で調べたところ、笹谷峠付近の国有林は宮城県側のみで、県境を境として山形県側は国有林ではありません。東沢模範林事務所は今でも実在しますから、笹谷峠の山形側は今でも「東沢模範林」であり、この標石(境界杭)は現行の物だと言えるのではないかと思います。
ちなみに山標石の「山」は山に有るからではなく、林野庁の前身である「山林局」の略です。
2015/07/08(水) 21:13 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/664-fab2ec23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック