標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/07/04(土)
岩手県奥州市の見分森公園内にある菱形基線端点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報、および種市昇二郎氏のWebページ「青森県の山とはぐれ山男のページ該当ページを参考にしました。
※この記事は“見分森”の続きです。

二等の確認と用足し(笑)が済んだので、すぐそばにある菱形基線端点(測点)へ行ってみることにする。
なお端点はここからすぐ近くにあるため見に行こうと思えば簡単に行けたのだが、お楽しみは取っておきたいのでまだ確認していない。

mizusawa_h_SW1.jpg
二等“見分森”のすぐ北にある東屋は少し土が盛られた所の上に建てられている。入口の階段左脇にある石柱を見ると「東の森古墳」と書かれていて、この小さな山の正体が実は古墳だということが分かる。…っておい、古墳というか他人様の墓の上に東屋なんて作っちゃって良いのかよ!?バチ当たらないのかなぁ?【現在地

mizusawa_h_SW2.jpg
その罰当たりな東屋へ行ってみると、展望台の左(北西)に端点の観測台があるのを発見。というかシナリオ通り。

mizusawa_h_SW.jpg
菱形基線の南西端です。【現在地
大きさは法雲寺のと同じ、幅と奥行きが60cmで高さが43cmくらいでした。

mizusawa_h_SW3.jpg
上面の中心にある指標鋲(十字マーク)。直径3cm。打痕が付いていて傷だらけです。

mizusawa_h_SW4.jpg
横から見ると指標鋲だけ浮いた状態です。上面の仕上げ用モルタルが剥がれ落ちてしまったようです。

mizusawa_h_SW5.jpg
銘板です。「No.3 基本 菱形基線測点 建設省国土地理院」と書かれています。
大きさは11.8cmX5.9cm。(12x6cm)

mizusawa_h_SW6.jpg
試しに観測台から先ほどの法雲寺(北西端)のほうを見るとどう見えるのかを確認。
ハイ、何も見えませんね(笑)。天測点の時と同じような結果です。お約束通り(?)の状況で、ある意味満足。

mizusawa_h_SW7.jpg
ではこれから行く予定の南東端(現存していないみたいですが)の方角はどうなってるかというと、やっぱり(笑)。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:39°07′14″.9
経度:141°06′15″.8
標高:110.0 m

※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高は地理院地図で表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんな所にあるの、全然気がつきませんでした!
このページはあとでみました
2017/06/27(火) 22:19 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/670-68c4b903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック