標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/07/04(土)
岩手県奥州市の向山公園内にある菱形基線端点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報、および種市昇二郎氏のWebページ「青森県の山とはぐれ山男のページ該当ページを参考にしました。
※この記事は“吹上山”の続きです。

次はいよいよ最後の菱形基線端点だ。南東端のように撤去されたような話は聞いていないので、現存しているのであれば向山公園の展望台のすぐそばにあるはずである。…まぁ楽勝だろうな。

mizusawa_h_NE1.jpg
基線端点があるという向山公園はあまり聞き慣れない名前だが、早い話、観光地として大変有名な「えさし藤原の郷」のすぐ南にある公園だ(もしかすると藤原の郷も向山公園の一部なのかもしれない)。なので藤原の郷を目指して行けば簡単に着きそうだ。【現在地

mizusawa_h_NE2.jpg
R456に入ってから3kmほど進み、画像の交差点を右折する。【現在地

mizusawa_h_NE3.jpg
「えさし藤原の郷」の南端付近に到着。ここを左折する。【現在地

mizusawa_h_NE4.jpg
300mほど進むと向山展望台の入口がある。まだ車で行けそうだから乗ったまま行っちゃえ!【現在地

mizusawa_h_NE5.jpg
展望台の直下まで車で行けるかと思いきや、やっぱり無理みたい。なので車はここを右に曲がった所に駐めて、徒歩で進むことに。【現在地

mizusawa_h_NE6.jpg
展望台のすぐ下に観測台を発見。楽勝。【現在地

mizusawa_h_NE.jpg
菱形基線の北東端です。【現在地
幅と奥行きは他と同じで60cmくらい(59.8X59cm)、高さは約1m。地形の関係なのか今日見た3箇所のうち、ここのが最も高く造られているようです。

mizusawa_h_NE7.jpg
上面はこんな感じ。南西端ほどではないですが風化が進んでいます。

mizusawa_h_NE8.jpg
中心の指標鋲(十字マーク)。場所柄、ここのもキズが付いています。直径は他と同じ3cm。

mizusawa_h_NE9.jpg
銘板です。「No.2 基本 菱形基線測点 建設省国土地理院」と書かれています。
大きさは11.8cmX6.0cm。(12x6cm)

mizusawa_h_NE10.jpg
じゃ、ここでも北西端のほうを見てみますかねぇ。…やっぱりお約束通りですね(笑)

mizusawa_h_NE11.jpg
さっきの南東端の方はどうかな?…木が邪魔しています。まぁ仕方ないことですね。

これで水沢菱形基線の端点全てへ行くことが出来ました。最初の法雲寺以外楽に行けるところばかりでしたが、こうしてすぐに見つけることが出来たのも舘沢氏と種市氏のおかげだと思います。ありがとうございました。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:39°11′29″.5
経度:141°11′14″.3
標高:109.4 m

※経緯度はハンディGPSでの計測値です。
※標高は地理院地図で表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/673-04dec365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック