標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/09/05(土)
川崎町支倉台のすぐ東、川尻山山頂(仙台市境上)にある三等三角点。

次は支倉台そばの“川尻山”へ向かう。

kawajiriyama1.jpg
R286に戻り、川崎方面へ向かう。
秋保街道の分岐よりさらに4kmくらい進み、画像の交差点を左折して支倉台に入る。【現在地

kawajiriyama2.jpg
道なりに1.6kmくらい進み、ここを左折する。【現在地

kawajiriyama3.jpg
点の記を見ると三角点がある山には途中まで階段が設けられているようだ。ここを右に曲がったところにあるはずだが…。【現在地

kawajiriyama5.jpg
結構立派な階段だな。そんなに人が通るような道じゃ無いと思うんだけど。

kawajiriyama4.jpg
点の記の要図には階段の途中から右へ送電線鉄塔の巡視路が延びているような描かれ方をしているのだが、そのようなものは無かった。山頂の方へ行くのであれば、ここを画像の赤矢印の方へ登ればすぐ着きそうに見える。うーん、確かによく見れば道になっているように見えるなぁ。【現在地

kawajiriyama6.jpg
巡視路にしてはちょっと狭いような気もするが、確かに道があった。【現在地
よし、もう少しだ。

kawajiriyama7.jpg
あれ?現在地
このいかにもな道幅、右のほうに見える鉄塔。そして何とも言えない敗北感…。
何でこんな所に巡視路が通ってんだよ!!つうか要図デタラメじゃねーか!!

kawajiriyama8.jpg
まぁ文句言っても仕方ないので、とにかく三角点のほうへ進む。すぐそこにあるはずだけど見当たらないなぁ。

kawajiriyama9.jpg
おっ、標示杭発見!

kawajiriyama.jpg
標石です。ICタグ付き。
点の記に書かれている所在地は市町村境や県境でも通常1つだけなのですが、この点は川崎町と仙台市太白区の両方の地番が書かれています。つまり市町境の真上に存在しているということですね。点の記には川崎町の地番が上に書かれていますから、当ブログでは川崎町の三角点として扱うことにします。

kawajiriyama10.jpg
帰りは巡視路を利用。東北電力仕様の階段まで設置されていて山道にしてはよく整備されているのが分かります。
上から5枚目の画像で私は右上へ登っていきましたが、あそこを斜め左のほうに続く山道へ進めばここに来られたようです。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35740254901
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A7DF726A7DDFFC1
冠字選点番号:江5
緯度:38°12′01″.3570
経度:140°44′28″.4491
標高:234.16 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/679-d98b7f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック