標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/09/05(土)
川崎町の釜房大橋の東1.8km付近にある四等三角点。

次もR286周辺の三角点である。

goishi1.jpg
R286をさらに釜房ダム方面へ向かう。
先ほど支倉台入口より1.5kmくらい進み、画像の所を左折する。【現在地

goishi2.jpg
左折した先は林道(農道?)のような砂利道となっているが、普通車でも問題無さそうだ。今回は“余方”の記事で述べていたように、友人Kの軽四駆車で来ているので全く問題ない。【現在地
ちなみに、これから向かう先は画像左側の山であって、自己主張が激しい右側の山(釜房山東峰)ではありません(笑)

goishi3.jpg
道なりにR286より400mくらい進む。【現在地
少し手前に紛らわしい道があったけど、どうやらこっちを左折するのが正解のようだ。

goishi4.jpg
植材植草保護のため入山を禁ず」だと…。うわっ、どうしよう。【現在地
一般的に、この手の表示は山菜採りやキノコ採り目当てで入山されるのを拒むために設置されるものと思われる。私のような標石目当てで入山する者はいずれにも該当しないのだが、暗に「ここは私有地だから勝手に入るなコノヤロー」という意味でもあるので判断に迷ってしまう。例えば松茸が生えるような山だと、こういった表示に所有者の殺気すら感じ取られるのだが、ここはそうでもない。うーん、黙って行ってしまおうかな…。軽自動車なら進めそうな道だけど、念のため車はここに置いて徒歩で進むことにした。

goishi5.jpg
徒歩で道を進むと、(画像の位置よりも少し先だが)ここが私有地である事を知らしめるかのように畑がある。すると偶然というかタイミング良くというか運が悪いというか…坂の上から一台の軽トラが下ってきた。先制してこちらから話しかける。
「この山の上にある三角点の調査に来たのですが、行っても構わないですか?」すると軽トラのおじさんは「別に構わないよ、四駆の軽なら登れるからそういう車で来たなら車で登ったほうがいいよ」と言ってくれた。…良い人だ!
早速Kが車に戻り、車で登ってきてくれた。ありがとう、助かるよ。

goishi6.jpg
…といった茶番があって、車で三角点のすぐ下付近まで来ることができた。【現在地
この建物は何だろう?雪対策で部屋が2階にあるんだろうな。1階は倉庫か。何かの事務所だとしても、この山は林業も農業も関係なさそうだし、スキー場でもないし、避難小屋を設けるほど高い山じゃないし、一体何が目的なんだ?屋根の上にある無線のアンテナが謎を解くキーワードなのだろうか?

goishi7.jpg
謎の小屋の裏側より三角点があるピークを目指す。点の記や地形図には小径があることになっているのだが、入口がよく分からなかったので適当に登ってみる。【現在地

goishi8.jpg
そろそろ山頂だな。【現在地

goishi9.jpg
標示杭発見!

goishi.jpg
標石です。ICタグ付き。
標示杭がちょっと遠いですね。

goishi10.jpg
点の記の要図を見ると、ここら辺は展望台になっていてベンチが設けられているはずなんですが、ご覧の通り荒れ放題でベンチなんかブッ壊れてます(笑)。そもそも「展望台」のくせに何の眺望もありません。さっきの小屋もですけど、ここは一体何なのでしょうか…?

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45740253701
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A7DC726A5F77FC1
冠字選点番号:K八15
緯度:38°11′51″.7647
経度:140°42′51″.1589
標高:191.96 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/680-50afe6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック