標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2015/11/22(日)
栗原市の大土ヶ森山頂にある二等三角点。

今日は二等の“烏兎ヶ森”へ行こうと思う。
点の記・地理院地図・Googleマップの情報をまとめると、県道から登山道入口までの道は、林道のようなあまり良い道では無さそうだ。なので、いつものように友人Kにお願いして軽四駆車で現地へ向かうことにした。

udogamori1.jpg
栗原市鶯沢にある「細倉マインパーク(旧細倉鉱山)」の所から県道180を北へ1.6kmほど進み、画像の所を左折する。【現在地
実は今日は山を登った後に昼食をマインパークで食べるつもりでいたのだが、何と11月1日から来年の6月末まで改装のため休館なのだそうだ。うわー知らんかった…。でも一応おにぎり1個とお菓子を買ってきてたから、これで何とかなるかな。

udogamori2.jpg
道幅は狭いが一応舗装されている道を1kmほど進み、集落の外れ辺りまできたら突然砂利道になった。しかも直前の路肩が崩れていたりして周りの雰囲気が一気に怪しくなる。【現在地

udogamori3.jpg
さらに進むと道端の看板に「この先2t以上の車両通りぬけ出来ません」と書いてある。ふーん、そう。【現在地
…え?2tって2トントラックとかじゃなくて、総重量2t以上ってこと?てことは俺の車ダメじゃん!Kの車(ジムニー)で来て大正解!!一体この先に何が待ち受けてるっていうんだよ…。なんか凄く楽しみ(笑)

udogamori4.jpg
崩壊寸前の橋と隧道キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!【現在地
うっはー!何これ楽しすぎ!!こりゃ確かに2t制限かけたくなるよな…。

udogamori5.jpg
しかも素掘り!!そしてこの鉄骨!!くぅ~ったまんねぇ!
おいおい何だよこれ最高じゃねぇか!

udogamori6.jpg
隧道の先には先ほどのボロ橋とは違う、応急処置っぽいけど比較的まともな橋がいくつか架けられている。が、いずれも2t制限になっている。画像はそのうちの1つだけど、よく見るとここだけ重量制限の標識に穴が開いている。【現在地
この穴、どう見ても銃をブッ放した跡だろこれ(笑)!標識を的にして遊ぶなよ(笑)!!…もうね、この道楽しすぎるわ。

udogamori7.jpg
県道から2.7kmほど進むと左側から別の道が割り込んでくる。【現在地
左の道は舗装されていて、今来た道に比べて通りやすそうに見える。というか普通の車道だ。しかも、ここから先の道も舗装されている。大土ヶ森の案内標識の向きといい、どう見ても左から来るのが正解としか思えない状況だ。点の記はもちろん、最新の地理院地図でも今来た道の方が良い道路(太く描かれている)のような描かれ方をしているけど、これはどうやら間違いのようである。
まぁ、そのおかげで楽しめたんだけどね。

udogamori8.jpg
大土ヶ森登山道入口の駐車場と思われる所に到着。【現在地

udogamori9.jpg
では出発!(もう既に画像が9枚目)

udogamori10.jpg
大土ヶ森の登山道は途中まで「中央コース」と「渓流コース」に分かれ、合流後にまた「くま落とし坂」と「いっき坂」に分岐するようだ。画像は中央コースと渓流コースの分岐である。【現在地
道標を見ると、どちらへ行っても山頂までの距離が変わらないようなので、入口の案内板に見所がいろいろ書いてあった渓流コースへ行ってみることにした。

udogamori11.jpg
が、来るタイミングが悪かったのか、道が荒れ気味だったり沢渡りがしづらかったりで大変歩きにくく、素直に中央コースを来れば良かったと後悔した。画像は中央コースとの合流地点である。【現在地

udogamori12.jpg
くま落とし坂といっき坂の分岐まで来た。くま落とし経由のほうが山頂まで100mも近いので迷わずくま落とし坂のほうへ進む。【現在地

udogamori13.jpg
くま落とし坂は急斜面をつづら折れで登っていくが、それでもかなり急で、備え付けのロープを使わないと体が上へ上がっていかない。画像はくま落とし坂の後にある最後の難所「鼻こすり坂」で、ロープにつかまりながら直登する区間だ。【現在地
そういや「鼻こすり」という名前は、以前秋保の大東岳へ行ったときにもあったっけ。結構ありがちな名前なんだろうな。

udogamori14.jpg
いっき坂経由の道と合流。ゴールは間近だ。【現在地

udogamori15.jpg
やっと山頂に到着。表示杭発見。

udogamori.jpg
標石です。
点の記によると選点は明治40年ですが、昭和50年に柱石交換をしているため比較的新しい標石になっています。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25840169901
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:辰2
緯度:38°49′38″.0532
経度:140°52′12″.7716
標高:579.60 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
三角点散策始めるはるか昔十数年前に上りました、同じコースで。
あのトンネルには自分も感動しました。
2015/12/23(水) 18:53 | URL | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、こんばんは。
ですよね?あのトンネル感動しちゃいますよね!?

結構あの手の隧道(トンネル)が好きなので、以前白石の県道107号にある七里沢隧道をわざわざ見に行ったことがあります。
(参考URL→ http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/6.ObRoad-Diary/project-2/001.kendou107/hido_deta1.html
七里沢隧道、今はどうなっているんだろう…。
2015/12/23(水) 20:10 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/695-225465e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック