標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/01/10(日)
福島県相馬市の羽黒山山頂にある四等三角点。
※この記事は“清名沢”の続きです。

次は“羽黒山”へ向かう。
羽黒山といっても山形の出羽三山のうちの一つではなく、なぜか福島の相馬市にある山だ。
山頂には山形の羽黒山と同様に神社があるらしい。湯殿山の碑が至る所に存在するように、羽黒山を信仰する人々が建てた神社なのだろうか。でも羽黒山の碑というのは記憶に無いなぁ。一体どのような神社なのだろう?標石よりもそっちの方が気になる。

調べてみると福島県には相馬市以外にも福島市や二本松市、会津若松市などにも羽黒山が存在しているらしく、福島県人の羽黒山好き(?)は結構半端ないようだ。ところが宮城にも古川と松山に羽黒山公園があったり、仙台の泉区にそんな地名があったりするなど意外と負けていなかったりする。湯殿山碑の数には及ばないものの羽黒山信仰もそれなりに多いということなのだろう。

ちなみに本家(山形県鶴岡市)の羽黒山には三角点が存在しないので、点名が重複する心配は無さそうである。

hagurosan1.jpg
先ほどの中継所の所から稜線沿いにさらに北へ向かう。1.5kmほど進むと、羽黒山の入口があった。【現在地
入口には「羽黒出羽神社」と書かれた看板がある。本家同様、ここも出羽神社のようだ(読みが「いでは」「でわ」のどちらなのかは不明)。
点の記には神社のすぐ近くまで車で行けるようなことが書かれているが、道が荒れているため無理をせず、ここに車を置いて徒歩で行くことにした。

hagurosan2.jpg
羽黒山への道は轍が深めなので車高が低い車は底を擦りそうだ。それを承知の上で無理をすれば普通車でも行けそうな感じ(お勧めしません)。【現在地

hagurosan3.jpg
入口から250mほど進むと駐車場のような広場があり、その奥に「出羽神社」の額が付いた鳥居があった。【現在地
入口の看板がボロだった割には新しめで羽黒山の名に恥じない立派な鳥居である。

hagurosan4.jpg
鳥居の先は比較的急な山道になる。【現在地

hagurosan5.jpg
山頂の神社が見えてきた。鳥居と社殿が見える。【現在地
画像右側から来る道が本来の参道ということだろう。どこから登ってくるのかと思い地形図を良く見ると今登ってきた道の途中にある分岐を右へ行き、少し遠回りするだけのようだった。実際に行って確かめたわけではないけど、もしかしたらそのまま麓へ降りる道があるのかもしれない。

hagurosan6.jpg
二の鳥居と奥の方に社殿。【現在地
どこにでもありそうな小さな社殿だな。ちょっと期待はずれ。由来が書かれた碑を読むと平良文が勧請した神社とのことなので、これが本当だとすると、ざっと1100年くらい前からある古い神社だということになる(社殿は平成3年に改築)。どうやら地元の羽黒山信仰者が「なんちゃって羽黒山」を作ったというわけでは無さそう。

hagurosan7.jpg
標示杭は社殿の裏にありました。

hagurosan.jpg
標石です。ICタグ付き。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45640567801
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A62D526B03F7FC1
冠字選点番号:K富4
緯度:37°48′52″.1570
経度:140°51′37″.4930
標高:345.23 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/705-8636f028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック