標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/02/07(日)
福島県相馬市の旗巻山山頂にある四等三角点。

hatamaki1.jpg
宮城・福島県境の旗巻峠です。また来てしまいました。まさかの三連続丸森です(笑)【現在地
前々回は“羽黒山”の後に画像左奥の方から出てきましたが、今回は福島側から入ります。というか丸森町は同じ宮城県内なのに常磐道経由で福島県から入った方が早く着くんだよなぁ。常磐道便利すぎ。

hatamaki2.jpg
峠から250mほど進み、ここで右折。「旗巻古戦場」へ向かう。【現在地

hatamaki3.jpg
この複雑でヘンテコな交差点を赤矢印の方へ。何でこうなったんだろう…。【現在地

hatamaki4.jpg
旗巻古戦場の駐車場に到着。ここからは徒歩だ。【現在地
一応簡単に説明しておくと、ここは戊辰戦争の時に仙台藩と新政府軍が戦った場所である。記事の内容とあまり関係ないので、詳細については省略する。→Googleで検索

hatamaki5.jpg
古戦場に関する石碑の前を通過すると、ここが旧旗巻峠であるという碑がある。【現在地
三角点は北砲台跡にあるため、道標に従い左折して階段を登る。

hatamaki6.jpg
北砲台跡へ向かう道は県境上をなぞるように続いている。【現在地
県境はこのまま北砲台跡がある旗巻山山頂まで続き、三角点は福島側に存在するらしい。せっかく丸森に来ているのに三角点は相馬というのも何だかなぁ…。

hatamaki7.jpg
北砲台跡に到着。【現在地
展望台(東屋)のすぐ脇に標示杭を発見。楽勝。


標示杭のそばには標石が見当たらず、代わりに丸い陶器製の三角点を示す標があるのみ。いや、そんなわけないなぁ。周りを探してみよう。
マウスカーソルを画像の上に持って行けばキミも標石を探すことが出来るぞ!(笑)

hatamaki.jpg
標石です。ICタグ付き。
ここに陶器標があることは他の方のブログ等で予め分かっていましたのでそれほど驚かなかったんですが、確かに珍しいです。
こういうのは標石が地下に設置されている場合、コンクリート升のフタに埋め込まれていたりするのが一般的だと思っていましたけど(※)、標示杭のように標石のそばに埋め込まれているのは初めて見ました。

※“寺崎”、“15828”など。

hatamaki9.jpg
レアなので陶器標のアップ。コンクリートに埋まっています。直径は57mm。

hatamaki10.jpg
じゃついでに標石もアップで。
陶器標が三角点であるかのような記述をされているサイトがありますが、こっちが本当の三角点ですよ~。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45640660801
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A642DA6AFDFFFC1
冠字選点番号:K富2
緯度:37°50′01″.0466
経度:140°51′18″.4545
標高:258.34 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/708-d01bd29e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック