標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/03/06(日)
仙台市青葉区の権現森(北峰)の南南東100m付近にある旧山林局測点。
※この記事は「権現森仙台市水道局三角点No.11」の続きです。

クソ点号…じゃなかった、「測点号」とおまけの水道局三角点を確認後昼食を取った私は、思い出の三角点“権現森”を再訪するため北峰へ向かった。

gongen_s_sokuten26_1.jpg
先ほどの「アカマツ3兄弟」の所まで戻ってきた。画像中央の3本の木がその3兄弟である。【現在地
ここを左折する。

gongen_s_sokuten26_2.jpg
坂を下ると十字路がある。ここを右折すれば入口の国見橋へ戻れるようだ。【現在地
権現森北峰へはここを直進する。

gongen_s_sokuten26_3.jpg
いかにも遊歩道といった感じの、広くて整備されている道だなぁ。【現在地
傾斜も緩く歩きやすいはずだけど、私はこういった緩い坂がダラダラと続く道は苦手だったりする。
地形図を見ると、この真下辺りに例の大倉川からの取水管が通っているみたい。

gongen_s_sokuten26_4.jpg
権現森に関する記事に必ずと言って良いほど出てくる「おじゃま石」。【現在地
ただの岩なんだけどなぁ。しかも道幅が広いおかげで邪魔になってないし(笑)。さっきの3兄弟といい、独特のセンスが光るネーミングである。

gongen_s_sokuten26_5.jpg
探さないとか言っておきながら、もしかしたらまた水道局三角点があるかもと小ピークがある度に確認する。やはり何も無いなぁ。【現在地

gongen_s_sokuten26_6.jpg
おや?【現在地

gongen_s_sokuten26_7.jpg
えっ!?

gongen_s_sokuten26.jpg
こ、これは!!

gongen_s_sokuten26_8.jpg
「山 測点 26」(「点」の字は「占」+「大」)
「測点号」のまともなバージョンキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
まだアラビア数字が普及していない時代だからか「26」の字体が歪んでいます。当時「26」が「二十六」の意味であることすら分からなかったとすれば「号」と彫っても特に疑問に思わなかったかも。

gongen_s_sokuten26_9.jpg
「南西 第九林班」
南西という中途半端な方角を示してるのが何とも。

gongen_s_sokuten26_10.jpg
「東 第十二林班」
この標石は裏面にも彫ってありますね。

gongen_s_sokuten26_11.jpg
「北 第十一林班」
ここは3つの林班の境界みたいですね。

gongen_s_sokuten26_12.jpg
上面です。「測点号」と同様に長方形。
確かに第九林班の面が南西に近い微妙な方角になるように設置されています。

大きさは16.5x12x38.5cmでした。高さ以外は「測点号」よりも一回り小さいようです。

自宅へ戻ってから分かったのですが、実はこの標石、記事に載せてはいないものの8年前に気付いてました【画像】。当時はこれが何なのかよく分からず、国土地理院の三角点ではないので無視していたようです。このように見ていながら記事にしていない標石が分かっているだけでも数ヶ所ありますので、今後再訪して記事にしていきたいと思います。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°17′10″.8
経度:140°48′08″.4
標高:301.2 m
※経緯度はハンディGPSで計測した値です。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/718-0af62da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック