標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/05/14(土)
仙台市泉区朴沢の小屋森山山頂にある四等三角点。

泉区の小屋森山という山には旧山林局の補三角点があるようだ。
この情報はいつものように舘沢氏からのものなのだが、元々は別の方の記事を参考にしたらしい。そのURLを教えてもらったので確認してみたところ、この山には四等三角点と補三角点の他に仙台市の図根三角点があるのだという。凄い!1つの山で3つも標石があるなんて、かなりお得な山だ。しかも四等以外は超レア物ではないか。

この「元々の情報」はマルゴ氏の「あの山に登ろう 宮城の山歩き」の記事だった。ところが行くのを後回しにしているうちにサーバのサービス終了のため残念ながら閉鎖してしまったようである。幸い魚拓が残っていたので記事の文章は今でも読むことができるが、肝心の画像は見られないようだ。

koyamori1.jpg
泉区根白石よりR457を北へ進み、泉ヶ岳へ行く県道(223)との交点よりさらに1.8km進んだところの画像の分岐を左へ進む。【現在地
ほこだて仏光堂の看板が目印になる。

koyamori2.jpg
500mほど進み、画像の分岐を左へ。【現在地
説明板によると、これらの石碑は「朴沢石碑群」といい、中でも手前中央の「亀の子石」は結構有名な物のようだ。面白い。

koyamori3.jpg
さらに道なりに1.6kmくらい進む。【現在地
点の記の要図には西小屋から林道に入り、途中より小径を歩いて小屋森山の東側へ回り込み一気に登るコースが描かれているが、ネットで検索をするとみやぎ里山文庫など、ほとんどのサイトで山の南西より林道に入り、送電線鉄塔近くの鞍部付近から登るコースが推奨されている。こういう場合は実績のあるコースで行った方が無難なので、素直に従うことにした。
画像の所より、その林道へ入る。

koyamori4.jpg
林道に入り50m進む。【現在地
あ、あれ?柵!?見た感じでは人が入らないようにしているというよりも、山から獣が里に下りてこないようにする獣よけの柵のようだ。簡単にはゲートを開けられないので、当然車ではこの先へ進めない。
実は前回“笹長根”で味をしめたため、今回も「ラッキーなハプニング」を期待してKの車で来たのだった。さすがに奇跡は二度起きなかったか…。というか前情報ではもっと奥にゲートがあったはず。これでは「アンラッキーなハプニング」だ。Kさん、ごめんなさいね。

koyamori5.jpg
これが元々のゲート。【現在地
鎖が外されていて自由に通り抜けられる状態だが全然嬉しくない。本当なら最低でもここまでは車で来られたんだよな。と言っても、さっきの所から150m程度だけど。

koyamori6.jpg
ここを右折して送電線の巡視路に入る。【現在地
元々は鉄塔の建設用に造られた道だと思われる。

koyamori7.jpg
例の鞍部付近に来た。【現在地
ここを右へ進むと鉄塔へ行けるようだ。反対の左へ進めば山に登れるはずだが、この辺りだと道路との段差が大きくて入っていけない。もう少し先へ進んで入口を探そう。

koyamori8.jpg
少し進むと右下へ降りていける作業道の反対側に木杭のようなものがあり、その横に入口のような穴が開いていた。【現在地
ここから入ってみるか。

koyamori9.jpg
入口は酷い藪だったが、中に入るとそれほどでもない。良かった。
このまま先へは進みづらいので、まずは尾根の上へ移動した。何となく踏み跡っぽいのがあるな。【現在地

koyamori10.jpg
何か、ここら辺から斜面が急になるみたいだぞ。【現在地

koyamori11.jpg
うわぁ、きっつい斜面だなぁ。【現在地

koyamori12.jpg
横を見てみる。
何だよこれ!45度に近いじゃないか!!
登山道がある山ならロープが設置されているであろう傾斜だが当然そんな物は無く、近くの木につかまりながら非常に遅いペースで登っていく。

koyamori13.jpg
何なんだよ、この岩!!(泣)【現在地
ロッククライミングしに来たんじゃないぞ!つうかまだ林道から半分くらいかよ。本当に山頂まで行けるのか?帰りどうしよう…。

koyamori14.jpg
同行のKと絶叫にも近い愚痴をこぼしながら何とか登っていき、やっと山頂らしき物が見えてきた。【現在地
見えてるんだけど、なかなか近づけない…。前回楽した罰が当たったんかなぁ。

koyamori15.jpg
よし、何とか山頂に着いたぞ!あれ?三角点はどこにあるんだ?

koyamori16.jpg
おっ!倒れた標示杭のようなものが!

koyamori17.jpg
あったー!!
すぐそばには崩壊して屋根だけになっている祠があった。近くに落ちているパーツを組みあわせれば本来の状態になるんだろうけど、触らぬ神に祟り無しなので、あえてそのままにしておいた。

koyamori.jpg
標石です。
標示杭は珍しい手書きの木杭で、各面には「四等三角点」「基本測量」「昭和六十年十一月」「国土地理院」と書かれています。標石を設置した当時の物がそのまま残っていたみたいですね。昭和60年は1985年ですから、今から31年前の物です。木杭でも結構長持ちするんだなぁ。

koyamori18.jpg
上面です。ちゃんとした保護石ですね。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45740467201
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:K伸11
緯度:38°23′30″.2444
経度:140°46′59″.0651
標高:385.69 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/739-e0f16dda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック