標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/07/10(日)
柴田町の船岡城址公園内「樅ノ木は残った」展望デッキにある宮城縣標石(三角標)。
※この記事はブログ「星・宙・標石・之波太(しばた)」の記事を参考にしています。

せっかくなので、次も「星・宙・標石・之波太(しばた)」さんのネタで行こうと思う。以前から気になっていた船岡城址公園にあるという三角標だ。記事を見ていただければ分かるように、この標石は「星・宙・~」の管理人氏が独自研究をし、説明の看板を自作して柴田町に許可を取り設置までしているという、管理人氏にとって大変思い入れの深いもののようだ。

funaoka_m1.jpg
R4より県道113に入って白石川を渡った後、案内の看板に従って進み、柴田町役場前から西へ300m進んだ所の画像の交差点を左折する。【現在地

funaoka_m2.jpg
200mほど進み、郷土館の所で右折。【現在地

funaoka_m3.jpg
船岡城址公園の駐車場に到着。【現在地
以前来たときはここから徒歩で直進方向へ進みましたが、今回は右の方へ。

funaoka_m4.jpg
駐車場の北側に展望デッキへ行ける道があるので、そちらの方へ徒歩で進む。【現在地

funaoka_m5.jpg
案内に従い右折。【現在地

funaoka_m6.jpg
展望デッキの手前まで来た。【現在地
ここは樅の木の周りを一周できるのでどっちへ行ってもいいのだが、まずは右へ行ってみる。

funaoka_m7.jpg
おお、あった!

funaoka_m8.jpg
ちょっと高いし、ここからはちゃんと撮れないなぁ…。
ちなみに展望デッキの名前になっている樅の木は画像右側の木です。NHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」にちなんだ木のようですが、名前は聞いたことがあるもののこのドラマについての思い出が全くありません。調べてみたところ、本放送開始時に私はまだ生まれていなかったと分かり納得しました。

funaoka_m9.jpg
元々展望台はこの一段上にあり標石も簡単に見ることが出来たらしいのですが、現在は樅の木の保護のために立ち入りが制限されているようです。本来であれば柴田町の許可が必要なのだろうけど…すみません、どうしても近くで撮りたかったんです。ここから上がります。

funaoka_m10.jpg
さて、上がったのはいいけど、周りの草はどうしよう?勝手に刈れないよね…。
結局、足で草を横に倒すように踏み、標石が見えるようにしました。

funaoka_m11.jpg
「星・宙・標石・之波太(しばた)」の管理人さんが設置した看板。

三角標 白第十六号

宮城県が大正2年(1913)白石川の氾濫後、河川測量
を行うために設けた標石です。
船迫地区で蛇行していた白石川は大正6年から大正12年
にかけて直進する改修工事が行われました。
基点(零号)は、槻木白幡の東禅寺の寺入山にあります。

しばた標石の会

と書かれています。
では、この後に槻木白幡の東禅寺へ行って基点を探してみようかな。

funaoka_m.jpg
標石です。

funaoka_m12.jpg
「宮城縣」

funaoka_m13.jpg
「白第十六號」
白は白石川の意味でしょうね。

funaoka_m14.jpg
「大正二年」

funaoka_m15.jpg
「三角標」

funaoka_m16.jpg
上面です。
「宮城縣」の面が東側です。

標石の大きさは15.5x15.5x33cm 十字マークの大きさは10.5cmでした。

funaoka_m17.jpg
良い眺めです。
春になれば有名な「一目千本桜」が一望出来る最高の場所のようです。その頃にまた来てみたいですね。今回は時間の都合で行けなかった「しばた千桜橋」もその時渡ってみたいです。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°03′24″.7
経度:140°45′27″.7
標高: 47.2 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/747-c9d4eb95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック