標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/10/23(日)
福島県南相馬市鹿島区のJR常磐線鹿島駅の北北西4km付近にある二等三角点。
※この記事は“物見山”の続きです。

せっかく南相馬まで来たので、もう一ヵ所二等へ行ってみようと思う。
先ほどの“物見山”の北西約8kmの辺りにある“利正寺山”は、点の記を見るとすぐ近くまで車で行けるうえに、そこからの道がちゃんと遊歩道になっているようだ。場所も地目が「公園」なので、たぶん楽勝だろう。さらにこの点の選点者、というか冠字は“物見山”と同じ「井」だ。もしかしたら、この標石もビッグサイズなのかもしれない。これは楽しみだ。

rishoujiyama1.jpg
R6を北上し、画像の交差点を左折する。【現在地

rishoujiyama2.jpg
約600m進み、左カーブ途中の画像の所で右折。【現在地
あれ?なんか看板が立ってる。

二等三角点
利 正 寺 ノ 舘
登山口まで0.8k(約10分)
頂上へ17分
てっぺん会

二等三角点って書いてある~!!
何て親切な看板なんだ!「てっぺん会」って団体が立てたのかな?

rishoujiyama3.jpg
看板の「約10分」は徒歩での時間だと思うが、車道が続いているのでそのまま車で進む。【現在地

rishoujiyama4.jpg
舗装路は民家の前で終わり、砂利道に。【現在地
山頂近くには配水池タンクがあるみたいだから、このまま進んでも大丈夫だろう。

rishoujiyama5.jpg
予想通り、砂利道はちゃんと整備されているようで普通車でも特に問題なく進める。【現在地

rishoujiyama6.jpg
配水池タンク前に到着。【現在地

rishoujiyama7.jpg
「登山口」と書かれた看板の前は車を駐車するのにちょうど良いスペースがある。車を駐めて早速登って行くことにしよう。
画像右側の看板には、ここが寿性寺館(利正寺館)という山城であったことと、なぜか三角点についての解説が書いてある。設置者は先ほどの「てっぺん会」では無いようだ。一等ならまだしも二等でこれだけ三角点についての案内や説明書きがある点は珍しい。【現在地

rishoujiyama8.jpg
道はここで一旦左に折れる。確かにいかにも城といった雰囲気だ。【現在地

rishoujiyama9.jpg
さてと三角点はどこだ?【現在地

rishoujiyama10.jpg
奥の方に標示杭発見!【現在地

rishoujiyama11.jpg
標石です。ICタグ付き。標示杭は木製。
ここにも親切な看板が。設置者はあの「てっぺん会」。いや良いんだけどね、良いんだけど、あまり設置者名を主張しすぎるのも、ちょっとうざったいかな…。何とか別府とかさ。

rishoujiyama.jpg
標石のアップ。
うわっちいせぇぇ!!…って、これが普通サイズか。さっきのが大きすぎたんだな。


上面です。
一辺15cmの普通の二等標石でした。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR25640477501
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A5D0326B628FFC1
冠字選点番号:井17
緯度:37°43′54″.2027
経度:140°56′40″.2838
標高:86.04 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/766-fbb9787b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック