標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2016/12/30(金)
岩沼市の日本製紙岩沼工場入口の西北西2.5km付近、深山(千貫山)山頂(西側ピーク)にある宮城縣標石。
※この記事はブログ「星・宙・標石・之波太(しばた)」さんの記事を参考にしています。
※この記事は“深山”(岩沼市)の続きです。

深山は三角点と宮城縣標石がそれぞれ別の場所にあるらしい。ピークが複数ある山ではありがちな事だろう。
当初の予定と順番が入れ替わってしまったが、次は宮城縣標石があるという西側のピークへ向かう。

shinzan_m1.jpg
さっき登ってきた道の先に本来の登山道(遊歩道)がある。【現在地
遠くに見える川は阿武隈川だ。ここを右折する。

shinzan_m2.jpg
広くて歩きやすい道じゃないか。素直に清掃センターの裏から登ってくれば良かったかな。【現在地

shinzan_m3.jpg
あれっ?右の方に車道っぽい広い道があるぞ?【現在地
これってもしかして、というかGPSを見ると元々登ってくる予定だった道じゃないか!やっぱりあそこで直進するべきだったんだな。
ということは、もしゲートが開いていたら、ここまで車で来られたったことか?

shinzan_m4.jpg
おっ!前方に「星・宙・標石・之波太(しばた)」さんの記事で見覚えがあるベンチと標石が!【現在地

shinzan_m5.jpg
深山西側ピークに到着。【現在地
こっちにはちゃんと休憩用のベンチとテーブルが設置されている。三角点しか無い東側とは大違いだ。画像左側の赤いポストは妖怪ポスト…ではなく、中に登頂記念として一言書いていくノートとペンが入っていた。なので私も一言書いておきましたよ。

shinzan_m6.jpg
ベンチの後ろには立派な山名標が。一瞬、1934mに見えました(笑)。←宮城県にそんな高い山ねーよ
こっちのピークが山頂なんですね。ベンチがあるのはそういうわけか。

shinzan_m.jpg
標石です。

shinzan_m7.jpg
「宮城縣」

shinzan_m8.jpg
この面は何も彫られていないようです。

shinzan_m9.jpg
「明治廿六年」
明治26年ですね。

shinzan_m10.jpg
「C十一号」
このアルファベットが何を意味するのか以前から疑問だったのですが、「星・宙・標石・之波太(しばた)」の管理人さんによれば、角田市の浅生原にC十七号があるので、亘理地塁(新地以北の阿武隈山地)沿いに「C」があるのではないか(要約)とのこと。うーん、なるほど。そうなのかもしれませんね。
※“浅生原”の記事で、C十六号と書いてましたが、当時の画像を見直したところ標石には確かにC十七号と彫られていました。何で見間違えたんだろう?こっそり修正しておきます…。

shinzan_m11.jpg
上面です。
真ん中に穴が無く、角が丸いタイプのようです。先ほどの三等もそうでしたが、この標石も「宮城縣」の面が南東を向いています。

標石の大きさは 15.5x15.5x33cm でした。

この後、例の広い道を下っていったところ、やはりあの分岐にたどり着きました。途中に多少倒木と法面が崩れた所がありましたが、ジムニーのような軽四駆車なら無理矢理通れるのではないでしょうか。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°05′46″.9
経度:140°49′44″.7
標高: 191.6 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
宮城縣C標ですね!
県南がCで県北がAって感じかな
仙台あたりにはBがあるのかな?
2017/01/03(火) 21:50 | URL | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、明けましておめでとうございます。
そういえばBの縣標石って見たこと無いですね。
確かにAは県北に多いんですけど、なぜか笹谷峠にもAがありました。
あと丸森の福島県境上にはUなんてものも。謎だらけですね…。
2017/01/03(火) 23:15 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/773-86a1aec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック