標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/04/09(日)
南三陸町の南三陸ホテル観洋の北北西1.1km付近にある一等水準点(兼重力点)。
※この記事は“上の山”の続きです。

次は、志津川へ来た本来の目的である一等重力点を兼ねた一等水準点へ行くことにする。

5695_1.jpg
先ほどの上の山公園より、R45を石巻方面へ進む。【現在地
5696”の記事でも書いたように、かさ上げ工事中の志津川中心部は頻繁に道路の付け替えが行われ、来る度に道が変わっている。以前来たときはR45が前を横切っていて今居るところがR398だったはずだが、現在はここがR45だ。最終的には震災前のルートに近い、もっと南側の方を東西に通すのだろう。

5695_2.jpg
町を抜けたところにある水尻川に架かる橋を渡ったところから700mほど進むと水準点付近に到達する。【現在地
道路右側に旧道跡と思われる側道があるので、車をそこに駐める。

5695_3.jpg
標示板発見。点の記の記載通り「佐利商店」の手前にありました。

5695_4.jpg
ここも確か地下だったっけな。マンホールでなく、鉄板か。

5695_5.jpg
おおーっ!フタの中央に

   基  本
  一等水準点
建設省国土地理院

と書かれたプレートが付いている!
以前秋田の湯沢で見たのとはタイプが違いますね。まぁ建設省時代ってのもあるけど。

じゃ早速開けますかね~。鉄板だからマンホールのフタよりも簡単だな。

5695_6.jpg
よいしょっと…あれ?
中にもう一つフタがある!?しかも結構下の方!
うわっ、フタが遠いなぁ。しかも変な色の泥で汚いし。

5695_7.jpg
ん?うっすらとだけど泥に埋もれてる。しかもさらに深いところにあるし。さて、どうしようか…。
※以前ゆう氏が来たときは水没していたみたいです。

5695.jpg
丸形の標石ですね。
深さを測るのを失念しましたが、泥を取るのに頭を突っ込むくらい深かったので、深さ70cmくらいはあったと思います。もうやだ…。
この辺りは道路の改良工事を少なくとも2回はしたのでしょう。その度にかさ上げされて、ご覧の有様。三角点と違い標高が変わってしまうので、おいそれと高上改埋するわけにもいかなかったんでしょうね。
重力をどのようにして測るのか知りませんが、こういう場合測定器はこの深くて汚い標石の上に置くのか、それとも鉄板のフタの上になのか、どうしたんでしょう?

MAP

地形図

DATA
基準点コード(一等水準点):L010000005695
基準点コード(一等重力点):G110000005695
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°40′01″.7186
経度:141°26′29″.4028
標高:29.6318 m
重力値:980175.39 mGal
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/784-f6e312eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック