標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/05/05(金)
岩手県花巻市東和町の雷神峠の北東500m付近ピーク上にある方位標(天測点として使用)。
※この記事は種市昇二郎氏のWebページ「青森県の山とはぐれ山男のページ」の記事を参考にしています。
※この記事は“雷神峠(一等三角点)”の続きです。

今日は岩手の花巻にある一等三角点“雷神峠”に「方位標」というものを見に来ました。

まず「方位標」についてですが、上西勝也氏「日本の測量史」の「国土地理院などによる測地観測」のページに簡単な説明があります。※引用の引用になってしまいますが…出所を表示してるから良いのかな?

方位標(Agimuth Maker)は任意の観測点において、ある方向の方位を一定に保持するため地上に設置された目標と定義されており天測点とされたこともあります。また多角測量で四等三角点と同等につかわたこともあります。ここでは天測点相当の方位標について説明します。[田島稔編:測量用語辞典 山海堂 1997 p298]

何と、天測点は巨大なコンクリート塊で出来た天測台だけでは無かった!。天文測量のために天測台が設置される以前は方位標が天測点とされていたのだそうです。
種市氏のページによれば、それが福島県の“鳥屋山”、岩手県の“雷神峠”“高堂山”、千葉県の“高神村”にあるらしいので、今日は比較的行きやすそうな、ここに来たということです。

ちなみに方位標といえば以前竹駒神社でも見ましたが、これは引用文の「多角測量で四等三角点と同等」に該当するもので、今回のとは違う使い方のようですね。

以前、舘沢省吾氏から聞いた話ですけど、名取にある一等“大森山”にも現在地へ移転する前はすぐ近くにこの「方位標」があったらしいです。もう少し早くこの趣味を始めていれば見られたかもしれないなぁ。

raijintouge_h1.jpg
種市氏の別のページによると、“雷神峠”の方位標は三角点の西南西にあるらしい。そっちの方へ進んでみると…おおっ!これか!!
すっかり埋もれてしまい、忘れ去られた存在となってしまった可哀想な方位標。今、助け出してやるからな!

raijintouge_h.jpg
これが方位標か!!初めて見たよ、嬉しい!
見た目と大きさは四等三角点そのもの(一辺12cmの四寸角)。一等標石の文字がマジックか何かで塗られていたようなので(読みやすくするため)、私も真似をして方位標の文字を持参のマジック(というかマッキーです)でなぞってみました。確かに読みやすい!

raijintouge_h2.jpg
三角点から見るとこんな感じ。

raijintouge_h3.jpg
二つの標石の位置関係はこんな感じ。

raijintouge_h4.jpg
三角点から4m70cm
※種市氏の記事には7mと書かれていましたが、恐らく70cmのところを間違えて7mと記載したのではないかと思われます。

raijintouge_h5.jpg
南面「方位標」

raijintouge_h6.jpg
東面「基本」

raijintouge_h7.jpg
北面「No. 17」

raijintouge_h8.jpg
西面「地理調」

raijintouge_h9.jpg
上面です。

raijintouge_h10.jpg
一等標石と方位標は広場の北端(北東端?)に設置してあったため、仮に天測点に対する子午線標に相当するものが存在した場合、真北にあるものだと思っていたのですが、自宅に戻ってから舘沢氏にこの件について伺ったところ、雷神峠の子午線標に相当するもう一つの方位標は真南にあると教えて頂きました。
画像はその真南の方角です。念のため南側も撮っておいて良かった…。

って、えっ!?もう一つあるの??

ちなみにその子午線標に該当する方位標は真南約7kmにある三等三角点“西山峠”(明神岳)の近くにあるんだそうで…。また北上へ行かなくちゃ!

次回に続く。(たぶん)


この方位標の点の記には、点名「雷神峠」、冠字選点番号「佼17」、選点・造標・観測日が昭和26年11月8日、備考欄には「案内人、更木村臥牛 中村重次郎  子午線標…明神岳  方位点…束稲山一等三角点」と書かれています。(舘沢省吾氏提供)
一等「束稲山」は平泉前沢ICの東6kmにありますね。雷神峠からは南36kmです。(2017/5/27追記)

MAP

地形図

DATA
基準点コード:不明
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:佼17
緯度:39°20′16″.3
経度:141°11′22″.0
標高:319.52 m

※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高はすぐ近くの一等三角点雷神峠のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
北上までいくなら、水沢の測地観測所にも行ってみたら
2017/05/21(日) 18:57 | URL | ゆう #-[ 編集]
ゆうさん、こんばんは。
水沢の測地観測所ですか。
あそこって一般の人も中に入れるんでしたっけ?以前はVLBIアンテナがあったみたいですが、今は無いみたいですね。

あと水沢には国立天文台もあるみたいですね。
こっちにはVLBIアンテナがあるみたいですが、以前つくばの国土地理院にあったVLBI観測点は無いようです。でも「水沢無号」の水準点目的で行くのも良いですね。基準点と関係無しに単に施設の見学も楽しそうです。
他の探索のついでに寄るのは時間的(あと体力的にも)に難しいので、別の日にこれ単独で見学に行きたいと思います。

あと、お察しかもしれませんが北上には昨日行ってきました。
2017/05/21(日) 20:07 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
水沢の測地観測所、日曜日ですが、門はもちろんしまってますが、横から入れるし、森からも柵がなくて入れます!
立ち入り禁止の看板も無かったし。
ALSOKのステッカーはありましたが
自分は重力点のところまででしたが、点の記を見たらもっと奥に施設が何個かあるみたいなので、リベンジしてから載せる予定です!
2017/05/22(月) 19:51 | URL | ゆう #-[ 編集]
>立ち入り禁止の看板も無かったし。
>ALSOKのステッカーはありましたが
えっ?あぁそうなんですね。良いのかなぁ…。監視カメラとかあるかもしれないので程々に。
確かに森のほうから攻めて、文句言われたらすっとぼけるのも手なのかな?

重力点の点の記を見ると重力点は建物の中で無理そうですが、奥に方位標とか電気抵抗変化観測点とかがあるみたいですね。
ここの方位標は天測点と四等のどちらのタイプなんでしょう?
あと測地観測所は地磁気観測がメインのようですので、当然磁気点もあるはずですが恐らく重力点がある建物の中でしょうね。
2017/05/22(月) 21:19 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
こちらに無号水準点書いてましたね

なんとまく記憶に天文台になんかあるって書いてたのを記憶して、行ってみました!
2017/07/01(土) 19:00 | URL | ゆう #-[ 編集]
お返事ありがとうございます。
あとお願いがあるのですが、コメントへの返答はコメントがあった記事でしていただけると幸いです。
話に繋がりが無くて訳分からないので…。
2017/07/01(土) 19:08 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/790-b6478fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック