標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/05/20(土)
岩手県北上市の明神岳の南南東700m付近のピーク上(注)にある三等三角点。
※この記事は“明神岳”(方位標)の続きです。
注:地図によっては三角点があるピークを明神岳としているのもあります。

では三角点にも行ってみるか。

nishiyamatouge1.jpg
方位標の場所からさらに少し登り、ここら辺が山頂かな?と思ったところにありました。
草木のせいでもありますが先ほどの所からちょっと離れていて、ここから方位標の標石は見えません。

nishiyamatouge2.jpg
同行の友人K君に三角点の上で立っていてもらい、方位標からの方角を確認。東南東ですかね。

nishiyamatouge3.jpg
距離を測ってみたところ20m40cm
傾斜や途中の障害物などで誤差が大きくなっているはずなので、約20mってとこでしょう。結構離れてますね。
でもあれ?方位標は西北西になるはずだけど北西?…うーん、北北西かな??

nishiyamatouge.jpg
標石です。

nishiyamatouge4.jpg
標石のアップ。
普通の三等標石です。

nishiyamatouge5.jpg
上面です。
なるほど標石の向きがズレてますね。上から3枚目の画像と向きが違うので分かりづらいですが、コンパスの方角を信じれば先ほどの巻き尺は北西と西の間くらいの向きなので、西北西で大体合ってるのではないかと思います。

結論、方位標は三角点の西北西20mの位置にある。 …別に測らなくてもすぐ見つかるけどね。
※方位標の点の記には「(既設三角点より)西方二十米に在る」と書かれていました。

nishiyamatouge6.jpg
それにしても、さっきからこの2本の界標が邪魔ですね。
こうして見ると何かまるで墓石と花立てみたい?

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR35841713501
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:英18
緯度:39°16′33″.4454
経度:141°11′22″.5351
標高:358.37 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/792-0fb95ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック