標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/06/17(土)
福島県いわき市小川町の屹兎屋山(きっとややま)山頂にある一等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。

以前“物見山”の記事で書いた通り、福島県には普通の一等標石よりも大きい「規格外一等標石」が数ヶ所あるらしい。舘沢氏によれば、有名(?)な“下神白”以外にも、「妙見山」「二ツ石山」「屹兎屋山」に大きい一等標石があるのだそうだ。そこで今日は、その中で比較的近くて行きやすそうな屹兎屋山(きっとややま)へ行ってみようかと思う。

kittoyayama1.jpg
屹兎屋山はいわき市にある。常磐道で行く場合、緯度的には広野ICが最も近いのだが、阿武隈高地を横断する道が無い…いや、あることはあるんだけど地図を見た感じではかなり怪しい道で、正直通りたくない。なので手前の常磐富岡ICで下り、川内村を経由することにした。
常磐富岡ICより画像の交差点を右折し、福島県道36に入る。【現在地

kittoyayama2.jpg
福島県道36を道なりに15kmほど進むと川内村の集落に着く。想像していたよりも改良されていて良い道だった。
画像の交差点で左折し、R399に入る。【現在地

kittoyayama3.jpg
R399を16kmくらい南進し、画像の分岐で左へ進む。【現在地
R399といえば“金原峠”へ行ったときもそうだったように、とても国道とは思えない酷い道の「酷道」結構有名な道。その期待通り(?)酷いところでは離合出来ないくらいの極狭幅員や急カーブの連続という、とんでもないクソ酷道でした(笑)。
ところで、これから行く左へ分岐した先の道ですけど、これは一番上の画像の説明で「かなり怪しい道」と書いた道で、出発前に確認したGoogleストリートビューでは林道のような砂利道でした。ところが現地へ来てみると綺麗に舗装されてるではありませんか!よく見ると「福島県道249」の六角形標識が設置されていて、これが県道であることが分かりました。確かに地形図では黄色く塗られてるので、何となくそんな気はしてましたが…。

kittoyayama4.jpg
福島険道249を1kmくらい進むと屹兎屋山への登山道入口がある。【現在地
点の記では山頂近くの無線中継所まで車で行ってるので林道のような車道になっているが、「分岐点に施錠」と書かれているので、ヘアピンカーブの内側(画像左側)にあるいかにも駐車場っぽい空き地に車を駐めて、ここからは徒歩で進む。

kittoyayama5.jpg
登山道に入ってすぐ、案の定チェーンがかかっていました。【現在地
仮にここを通れたとしても、私の車ではこの坂を登れないと思うので、結局徒歩でしょうけど。

kittoyayama6.jpg
山頂付近の中継所の所まで来た。…おや?鉄パイプを組んで作ったはしごみたいなのがあるぞ。【現在地

kittoyayama7.jpg
これを登って行けば良いんだな?

kittoyayama8.jpg
おおっ!何か良い雰囲気!!最近刈り払ったばかりみたいだし、さすが一等の山!

kittoyayama9.jpg
何も書かれてないけど、これがアマ無線の中継所(レピータ局)かな?
ここを見ると430MHz帯と1200MHz帯っぽいけど今でも運用しているのでしょうか?携帯電話の普及で最近使ってる人少ないしな…。私も20年くらいやってないし…。(局免は切らせてないです)

kittoyayama10.jpg
あった!

kittoyayama.jpg
標石です。画像からは分かりづらいですが、確かにデカい!。文字が見えづらいためマッキーでなぞりました。
標示杭の下にわざとらしく置いてあるキットカットは山名の「キットややま」にかけた駄洒落です。寒いネタでごめんなさい…。

kittoyayama11.jpg
正面のアップ。他の面には何も彫られていません。
風化が進んでいるせいか文字がかなり読みづらくなっていたので、いつものようにマッキーでなぞったのですが、「一」と「三」の文字をなぞった後に固まってしまいました。読みづらいということは、どこをなぞって良いのか分かりづらいということで、「一」「三」以外の文字が書けなくなってしまったのです。なぞらなければ良かったと後悔しても既に遅し。「一」「三」だけというわけにもいかないため、自分のブログに載せている他の標石画像の文字を参考にして何とかなぞりました。こういう時スマホって便利だなぁ。でも近くで見るといまいち。申し訳ないです…。

kittoyayama12.jpg
上面です。国有林の界標と兼用しているためなのか、山標石のように赤く塗装された形跡があります。
標石が大きいのでコンパスが小さく見えます。

kittoyayama13.jpg
どのくらい大きいのか測ってみました。
一辺が20.5cmです。通常の一等標石は18cm(6寸)ですので一回り大きいです。

kittoyayama14.jpg
露出している部分の縦は29cm

kittoyayama15.jpg
十字マークは約8cmですね。


2017/09/03 (日)

一等標石の文字をマジック(マッキー)でなぞった事についてお叱りを受けましたので、反省の意味も込めて消しに行ってきました。

kittoyayama16.jpg
使用したマッキーは通常の油性の物ではなく、水性顔料を使用した物でしたので、台所用洗剤を歯ブラシに付けてこすり落としました。画像のように綺麗に落ちました。

kittoyayama17.jpg
上面の十字マークも落ちましたが、元々付いている赤い色までは落ちませんでした。
以上です。この度は、みなさまに不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。

kittoyayama18.jpg
今日はすぐそばにあるアマチュア無線の中継局(レピータ局)の工事をしていました。アンテナの付け替え等をしていたようです。
中もちょっとだけ見せてもらいましたよ。

(2017/9/3追記)

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR15540665901
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:堀17
緯度:37°12′38″.2456
経度:140°52′02″.8788
標高:874.64 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/08/07(月) 21:28 | | #[ 編集]
管理人のみのコメントですが、重要なのでお名前を出さずに回答致します。

マジック記入の件に関しては申し訳ありませんでした。いつかお叱りを受けるのではないかとは思ってましたが、標石に何が書かれているのかが見えなくて悔しい思いを過去に何度もしているため、あのようにしてしまいました。

マジックにて記入したのには訳があり、以前ある測量士の方から「標石の写真を撮るときはマジックでなぞると見栄えが良い」とコメントを頂いたことがありました。閲覧サービスでも見られるあの画像です。
私もそのような文字をマジックでなぞられた標石を何度か見たことがあり、これってどうなの?とは思ってましたが、プロの方がやっていたと知って驚きました。
つまり、ある意味オフィシャルな行為だったので問題無いだろうと思い、真似をしてしまいました。
確かにあまり良い方法ではありませんので、マジックを使うやり方について今後はしないようにしたいと思います。

跡が残らない方法として、筆で水を付ける、鉛筆でなぞり撮影後消しゴムで消す等、良いやり方を模索して行きたいと思います。

この度は不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。
2017/08/07(月) 22:29 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/794-33b41c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック