標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/08/06(日)
七ヶ浜町の町民総合スポーツセンター内、町民プールそばにある電子基準点(地殻変動観測点)。

閲覧サービスを見ていたら、七ヶ浜町内にいつの間にか電子基準点が設置されていたので、松島へ行ったついでに寄ってみることにした。
点名の頭に「S」が付いているので普通の電子基準点ではなく、割と最近よく見かけるようになった地殻変動観測点のようだ。「S付き」は以前網地島で見た“S石巻”以来となるが、さてどんなのが設置されているんだろうか?

s_shichigahama1.jpg
塩釜港付近より県道23(産業道路)に入り、貞山堀沿いに南下。右手にホーマックがある交差点を左折して橋を渡る。【現在地

s_shichigahama2.jpg
県道58を道なりに(途中、2ヵ所ほど紛らわしいY字路あり)2.5kmほど進み、画像の交差点を右折。【現在地

s_shichigahama3.jpg
400mくらい進んで左折。【現在地

s_shichigahama4.jpg
すぐ右折。【現在地

s_shichigahama5.jpg
ここを左折。【現在地

s_shichigahama6.jpg
すぐ見つかりました。【現在地

s_shichigahama.jpg
形状は網地島で見た物と同じだけど、茶色い塗装はされておらず無地のステンレスのまま。こっちの方が電子基準点っぽくて良いかも。

s_shichigahama7.jpg
プレートは防護柵に付けられています。珍しいかも。
相変わらず点番号の表記は無し。
「地殻変動観測点」とは書いてありますが、点の記には「電子基準点」としか書かれていません。どちらもほぼ同じ物のはずなので、当初、地殻変動観測点として設置した物を最近は電子基準点とみなしているのではないかと思います。確か最近、電子基準点の数を増やすとか何とかいう話を聞いたことがあるので、こうした方が都合良いのでしょう。

s_shichigahama8.jpg
付属標です。
点番号は No.06S059 で、付属標なのに末尾にAが付いていません。本体側の番号ですね。
ん?06って事は2006年?点の記を見ると…ホントだ、選点が平成18年(2006年)になっている。ということは、以前からあったけど閲覧サービスに出てこなかったってだけのようですね(“S石巻”は平成17年の選点)。←実は気付いてなかった
つまり、地殻変動観測点が電子基準点に「昇格」したため、閲覧サービスにも出てくるようになったと。こんな感じなのかな?

ちなみに付属標は他の電子基準点と同様に三等水準点“06S059A”としても使われているようです。

s_shichigahama9.jpg
点の記の要図には基準点より16.3mの位置に「参照点」というのが記載されています。
その参照点って、もしかしてこの看板の右上なのかな?何でこんな所にしたんだろ?

MAP

地形図

DATA
基準点コード(電子基準点):EL05741305502
基準点コード(電子基準点(付)):EL15741305501
基準点コード(三等水準点):L0F00006S059A
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°17′59″.2482
経度:141°03′49″.2539
標高(電子基準点):31.72 m
標高(付属標・三等水準点):26.293 m

※経緯度は電子基準点本体のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/798-f5b28c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック