標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/08/27(日)
登米市中田町の石ノ森章太郎ふるさと記念館の北3km付近にある四等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。

次は、登米に来た本来の目的地へ向かうことにしよう。

以前、登米市石越町の四等三角点“山寺”へ行ったとき、標石の裏側に「宮 37」と彫られているのを確認したことがありました。他にも栗原市の図根点“山の神”で「宮 15」。同様に図根点“打越”でも「宮 11」(本来は「宮 23」詳細は記事参照)と彫られているのを確認しています。

“山寺”の記事でも少し触れましたが、舘沢省吾氏によると、この標石の裏の「宮」は宮城、つまり県別の表示で戦後のごく短期間に設置された四等三角点や図根点に刻印されているものだそうです。
戦後、戦災復興の目的で四等サイズの等級無し三角点標石が全国に設置された後、昭和26年から30年頃までの短い期間、標石の裏に県別表示と1から始まる通し番号が付いた四等三角点が設置されました。(ただし県別表示は東北地方だと青森・秋田では採用されなかったそうです)
昭和30年からは全国共通の6桁の番号(標識番号)が刻印されるようになり、現在に至っています。
※この辺の事柄は上西勝也氏のページにも書かれています。

宮城県の四等三角点標石第1号「宮 1」は“八幡山”(昭和26年10月3日設置)という点名で存在していましたが、廃点になったようです。「宮 2」の“粧坂”も廃点され、結局現存する最古の番号は「宮 5」のようです。…ん~、何か昔のナンバープレートみたい。

今回はその「宮 5」以降に残っている点の古い順から「宮 5」“小倉”、「宮 6」“堂山”、「宮 10」“舘”の3点へ行こうと思います。ちなみにこの3点とも、登米市に存在しています。

kokura1.jpg
…というわけで、まずは“小倉”へ向かう。先ほど佐沼城址の内務省標石つながりで小倉山の話が出ていましたが、ただの偶然です。
その佐沼城址(鹿ケ城公園)より、県道36→県道200を経由し、石ノ森章太郎ふるさと記念館より300mほど進んだところにある画像の交差点を右折する。【現在地

ちなみにここの地名は登米市中田町石森(いしのもり)で、石ノ森章太郎のペンネームもこの地名から来ているそうですね。これから行く三角点のある山の所在地も中田町石森字小倉です。

kokura2.jpg
交差点を右折後、県道130を3kmほど進み、ここを右折。【現在地
右へ行く道路は最近出来たばかりらしく、2017年8月の時点で地形図には載っていない。

kokura3.jpg
「新道」を500mほど進むと画像の十字路がある。【現在地
その少し手前に旧道跡があるので、右側の空き地に車を駐め、左の方へ行く。

kokura4.jpg
ここを左へ行き、山沿いの集落に入る。【現在地
遠くに、以前行った二等“高倉”のすぐ近くにあった中継所の鉄塔が見える。(実は2つ上の画像にも写ってます)

kokura5.jpg
これが点の記に書かれている天満宮の鳥居だな。【現在地
早速登ってみよう。

kokura6.jpg
えっ!?【現在地

kokura7.jpg
何じゃこりゃああああ!!!【現在地
※これでも神社の参道の階段です。

kokura8.jpg
参道の階段を無理矢理登り切ると、小さな祠があった。入口の鳥居を見て、それなりの社があるのかと思ったが期待外れである。【現在地
点の記の要図の通り右奥に道らしきものがあったので、そちらへ進んでみる。

kokura9.jpg
うーん、道なんて無いぞ。確かに点の記にもそう書いてあったけど。適当に登るしかないな。【現在地

kokura10.jpg
もうすぐで山頂のはずなんだが…。【現在地

kokura11.jpg
あった!【現在地

kokura.jpg
標石です。
見た目、最近の四等と変わりありません。

kokura12.jpg
東面「基本」

kokura13.jpg
北面「宮 5」
キター!これぞ最古四等の証し!!
とはいえ、それでも昭和26年ですから一等~三等の大半が明治なのに比べると最近の物なんですけどね。それにしてもこれ「5」のはずなんだけど、何となく「6」か「8」に見えなくもないな…。点の記に「第5号」って書いてあるから「5」ということで良いかな。

kokura14.jpg
西面「地理調」
四等標石としては、これが書いてあるだけでもレアですねー。

kokura15.jpg
上面です。
十字マークの左上に黄色い印が付いてますが、ICタグでは無さそうです。

やっぱり、こういう所は夏に来ちゃダメですね…。

MAP

地形図

DATA
基準点コード:TR45841019701
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:卓5
緯度:38°44′42″.4898
経度:141°13′21″.3817
標高:50.59 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
登米産業高校近くの館は見つかりましたか?
自分が行った時は、配水施設が新しくなり、そこに樹脂製の杭が置いてありました。
標石は何処へ!!
2017/09/13(水) 19:32 | URL | ゆう #-[ 編集]
まだ書いてませんが「舘」は次の記事の予定です。どうなったかは見てのお楽しみ?
2017/09/13(水) 19:42 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
楽しみにしてます


登米市の26年の四等を調べたら、だいたい27個ありました!
宮1の点の記を調べまくり
登米市で見つからないのは、この26年のが多いですね!!。
2017/09/13(水) 20:42 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/800-61dca947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック