標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/12/03(日)
岩手県平泉町の金鶏山山頂にある岩手縣標石(三角標)。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。

舘沢省吾氏によると、岩手県の平泉にある四等“桜川”のそばに三角標があるらしい。
三角標といえば宮城県内ではいわゆる「宮城縣標石」の一種で、河川沿いに設置されていることから河川測量で使われた物のようだウーメラ氏。この標石もそうなのだろうか?舘沢氏は北上川の測量に使われた物ではないかと推測していたが、なるほど確かにすぐ近くには北上川が流れている。
送っていただいた画像には標石に「三角標」と彫られていて、一見「宮城縣標石」のそれと見分けが付かない。これの設置者は誰なんだろう?やはり岩手縣なのだろうか?だとしたら初の「岩手縣標石」だな!これは現地へ行って確かめなければなるまい。

四等“桜川”は平泉町の中尊寺と毛越寺の間にある金鶏山の山頂にあるようだ。金鶏山といえば石越にあった寺の裏山を思い出すが、全国的にはこの平泉の山のほうがかなり有名だ。

kinkeizan_s1.jpg
東北道一関ICよりR4を北上し、画像の所を左折して岩手県道300(旧R4)に入る。
※超いまさらですが、現在地マップ表示のリンクをボタン化しました。なぜ今までやらなかったのかって?やり方を知らなかったんだよ!!

kinkeizan_s2.jpg
約2km進み、ここを左折。

kinkeizan_s3.jpg
細い道を進み、ここを直進。
ネットの情報ではここを右折した先にある平泉文化遺産センターの駐車場に車を駐めていった方が良いらしいが、歩くのが面倒なのでとりあえずそのまま車で直進。

kinkeizan_s4.jpg
一つ上の画像の十字路より200m進むと金鶏山の登山口があった。
ちょうど良いスペースがあるので、ここに車を駐めていくとするか。

kinkeizan_s5.jpg
では出発。

kinkeizan_s6.jpg
結構きつい坂だなぁ。

kinkeizan_s7.jpg
…と思っていたら、もう山頂。
四等の標示杭と三角標らしき標石(赤矢印)が同時に見つかった。これは記事の構成上三角標が先かな。あと、どうでもいいけど何であんな所に山名標を付けたんだろう。

kinkeizan_s.jpg
結構露出してるけど、確かにこれは三角標の標石!

kinkeizan_s8.jpg
「三角標」

kinkeizan_s9.jpg
「岩手縣」
岩手縣標石キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!! (←もう古いかな)
やっぱり岩手縣だったか。これは良い物を見せてもらったよ。舘沢さん、ありがとうございました。
文字がとても読みづらかったのでマジック洗剤の泡で見やすくしてみました。

kinkeizan_s10.jpg
「No. 179」
北上川は長いので数も多いですね。川沿いの高台を探せば芋づる式に見つかりそう。

kinkeizan_s11.jpg
「明治卅三年」
明治33年設置ですね。宮城縣標石は明治26年頃~大正初期くらいですから同時期と言って良いと思います。

kinkeizan_s12.jpg
上面です。
十字マークが付いています。手前側(画像下側)が「三角標」の面です。

標石の大きさは一辺15cmの5寸角で、高さは本来露出する部分が37cmくらい、露出した現状で67cmくらいでした。

kinkeizan_s13.jpg
北上川はこっちのほうのはずだけど…良く見えないなぁ。

MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°59′36″.1
経度:141°06′33″.3
標高:97.87 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高はすぐ近くの四等「桜川」のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/810-7a21ead7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック