標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/12/03(日)
岩手県奥州市役所衣川支所の南南東3.4km付近、送電線鉄塔敷地内にある二等多角点。
※この記事は“桜川”の続きです。

このまま帰ってしまうのも勿体ないので近くの二等多角点へも行ってみようと思う。
宮城県内にある二等多角点がそうであるように、この多角点の点の記にも「マル速」マークが付いている。恐らくこれも東北道の建設に伴う測量のために設置されたものなのだろう。

16505_1.jpg
先ほどの金鶏山より岩手県道300(旧R4)に戻り、北へ向かう。北上川支流の衣川に架かる橋を渡った所で左折する。

16505_2.jpg
堤防の手前で右折。
元々はこの道路がR4だったので旧々道ということになる。以前この辺りには堤防が無かったため平成14年の台風の際、川が氾濫し洪水になったようだ。そこで新たに堤防を築き、すぐ隣に橋を架けたため、この先にあった橋は解体されたらしい。画像を良く見ると道の両端に欄干の柱が残っている。

16505_3.jpg
道なりに1kmほど進み、ここを左の方へ。(地図上では直進)

16505_4.jpg
さらに1kmほど進んで、東北道の下をくぐる。

16505_5.jpg
* おおっと *
まるでWizardryみたい(笑)

16505_6.jpg
東北道下のダンジョン(笑)を抜けたら右折。

16505_7.jpg
すぐ左折して葭ヶ沢線林道に入る。

16505_8.jpg
「冬期間通行止」
ありゃ。
でもゲートもバリケードも無いし、通り抜けるわけでもないから行けるところまで行ってみるか。

16505_9.jpg
無事に入口まで到達。ここを右へ入っていけば良いようだ。
このまま車でも行けそうだけど四駆車じゃなきゃ無理っぽいので、ここに駐車して歩いて行くことにした。

16505_10.jpg
この幅員と傾斜だと、やっぱり歩いてきて正解だったみたい。

16505_11.jpg
画像では分かりづらいですが、目的地の送電線鉄塔らしきものが見えてきました。

16505_12.jpg
この鉄塔みたいだな。それにしても低い鉄塔だな。

16505_13.jpg
早速上がってみよう。

16505_14.jpg
点の記の要図を見ると、多角点は送電線鉄塔敷地の北東角にあるようだ。ということは奥の足辺りだな。

16505_15.jpg
ありました。

16505_16.jpg
土管にモルタルを詰めた軽量標識もどきに金属板を付けた物と四角いコンクリ製の保護石。そして上面舗装。宮城県内で見た物と同じです。これから他へも行く予定があり時間が勿体ないので、あまり草を刈らず周りの枯れ草を除けただけです。

16505_17.jpg
この保護石は多角点ならではですね。

16505.jpg
金属標のアップです。

MAP



DATA
基準点コード:TR95841401601
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:39°00′37″.8819
経度:141°04′45″.8328
標高:86.30 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/812-364bdab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック