標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/12/24(日)
東松島市の三陸道鳴瀬奥松島IC入口交差点の北1.7km付近にある四等三角点。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。

先日、ゆう氏が東松島にある三角点の点の記の要図に宮城縣標石らしき物が描かれていることを発見した。その後実際に行ってみたところ、合計5カ所で見つけたらしい。しかもそのうちの2つは偶然だというのだから運が良い。
今回ゆう氏が見つけた標石の位置を確認してみると、鳴瀬川の東側で且つ三陸道の北側に集中している。ちょっと外れるが、以前行った鷹ノ巣山鰯山も東松島なので、ゆう氏の言葉通りまさに「東松島は宮城縣標の宝庫」と言える。今まで気がつかなかったなぁ…。
ゆう氏からこの事を聞き、すぐにでも行きたくなったが、さすがに発見者を差し置いて行くわけにもいかないため、ゆう氏が自身のブログで記事にUPしたのを確認後行ってみることにした。

標石の位置より、今日は「坂ノ入」→「和合山」→「関山」→「角柄」→「小松」の順で行ってみようと思う。最近、撮影時の草刈りとかに時間をかけてしまうので、一日で5カ所(x2)全てを回ることができるかな?

sakanoiri1.jpg
三陸道の鳴瀬奥松島ICで降りた後、交差点を直進(R45を横断)して吉田川と鳴瀬川を渡り、すぐ左折。

sakanoiri2.jpg
堤防沿いに県道150を約1.2km進み、画像の所で右折。

sakanoiri3.jpg
さらに800m進んで、ゆう氏のアドバイス通り、点の記に描かれている道の一つ先の道へ右折する。
確かに点の記に描かれている道は荒れているが、こちらは轍がハッキリしているので車でも無難に進めそうだ。とはいえ、さすがに私の車では不安。これから行く予定の所のことも考慮して、いつものように友人K君の車で来た。ちなみに今日は12/24である。野郎2人で、こんな所で何やってんだか…。

sakanoiri4.jpg
農道のような道を進むと、右側に車が駐められそうなスペースが。
ゆうさんが言ってたのはこれか。

sakanoiri5.jpg
点の記と地形図を見ると、駐車スペースの所を奥へ進んだ辺りが登り口になるはず。特に目印は無いが、左斜め上方向に踏み跡のようなのが付いているので、すぐに分かった。

sakanoiri6.jpg
踏み跡には比較的新しめな足跡も付いている。ゆうさんのだろうな。

sakanoiri7.jpg
あとは尾根に沿って登っていけば良いはずだけど、途中に2つ小ピークがあるので「おっ、この上だな」と思っても、すぐ下りになって2回ガッカリ(笑)。

sakanoiri8.jpg
今度こそ…三度目の正直。

sakanoiri9.jpg
画像では分かりにくいですが、標示杭発見。
ガッカリとか三度目の正直とか大げさに書いてますけど、登り始めてからここまで10分かかってません(笑)。

sakanoiri10.jpg
三角点と宮城縣標石。分かっていたけど嬉しい。
標示杭はなぜか縣標石のそばに設置されています。そして四等なのになぜか木杭。

sakanoiri.jpg
じゃ、まずは三角点から。
普通の四等っぽいですが…

sakanoiri11.jpg
北面は「宮 247」。
宮城縣標石と「宮」四等、最高の組み合わせです。

sakanoiri12.jpg
当然、西面は「地理調」。
「基本」の面は珍しくないので省略。

sakanoiri13.jpg
上面です。ICタグ付き。

MAP



DATA
基準点コード:TR45741511101
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A8DFB26C3EB7FC1
冠字選点番号:泰21
緯度:38°25′41″.3641
経度:141°08′24″.7784
標高:45.51 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/815-4282b3c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック