FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/24(日)
東松島市の三陸道矢本PAの西北西2km付近にある宮城縣標石。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は「東松島和合山宮城縣標石」の続きです。

次は三等“関山”へ行く途中にあるという、宮城縣標石へ行ってみる。

takamatsu_m1.jpg
先ほどの所より県道204へ戻り、左折して北東方面へ向かう。

takamatsu_m2.jpg
県道204を2.3kmほど進むと、点の記に書かれているNTTドコモ電波塔の入口があるので左折。

takamatsu_m3.jpg
あれっ!?(車が)通れない!!
恐らく画像右側の住人(または勤務先)の所有だろう。普段車が通ることなど皆無に等しいので道路を駐車場として使っているようだ。もちろん私道みたいなものなので警察は取り締まらないし、コンチクショーと思ってもNTTの関係者ではないので残念ながら文句は言えない。
なので車を一つ上の画像の少し手前にある待避所のような駐車帯に駐めて徒歩で行くことにした。なんか電波塔が遠く見えるなぁ…。

takamatsu_m4.jpg
あぁクソッ、坂がきつい。

takamatsu_m5.jpg
やっと電波塔の所まで来た。
本当ならここまで車で来れたのになぁ。

takamatsu_m6.jpg
西の尾根へ入っていけそうな入口を探す。
ゆうさんの記事で見覚えがある法面横に、明らかに人が通ったような跡が。ここからだな。

takamatsu_m7.jpg
法面を登ったところに、これまた見覚えがあるNTTの境界杭。
以前山形と秋田の県境付近で見たのも、こんなのだったな。

takamatsu_m8.jpg
入口付近は笹藪で道がかなり不鮮明だが、尾根っぽいところを進めば問題ないようだ。

takamatsu_m9.jpg
おやっ!?何か新しめな目印があるぞ。
黄色とピンクのテープの組み合わせは、ゆうさんのだ。ということはその下に…標石じゃん!早っ!!

takamatsu_m.jpg
おぉ~!確かに宮城縣標石だ!こんな所にあるなんて。
背景が傾いているのは、標石がそれだけ傾いているってことです。

takamatsu_m10.jpg
「宮城縣」
以降、反時計回り。

takamatsu_m11.jpg
この面には何も彫られていないようです。

takamatsu_m12.jpg
「明治廿六年」
明治26年。

takamatsu_m13.jpg
「第廿六号」
第26号。今日の一カ所目(坂ノ入)と2つ違いなだけなので、標石の形や字体がほぼ同じ物のようです。間の「第廿七号」はどこにあるんでしょうね?

takamatsu_m14.jpg
上面も坂ノ入のと同じ丸みを帯びたタイプです。

takamatsu_m15.jpg
上面です。
「宮城縣」の面は南東を向いています。

標石の大きさは 14.5x15x28cm でした。(5寸角。高さはこの状態でのもので「宮城縣」の面)

MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°25′49″.9
経度:141°09′34″.0
標高:67.6 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
無事に見つかりましたね
道が不明瞭なので、自分は行くときは多分違うところを通ったと思います。

先週そこの道路を日曜日に通った時もそのトラック止まってまた!!!
2018/01/15(月) 18:53 | URL | ゆう #-[ 編集]
こんばんは。
えぇっと、それは「関山」へ行くルートということでしょうか?
でも今回は点の記通りのルートを行ったおかげで縣標石が見つかったんですから、良かったと思った方が良さそうですね。
2018/01/21(日) 20:16 | URL | つかピロ #y8j/9w2E[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/819-f5adbd09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。