FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/24(日)
東松島市の三陸道矢本PAの西北西2.3km付近にある三等三角点。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は「東松島高松宮城縣標石」の続きです。

今日のメインは宮城縣標石探しである。この先にあるという三角点は尾根沿いに300mほど歩かなければならないので、どうでも良い「雑魚三角点」ならこのまま電波塔のほうへ戻ってしまうところなのだが、ここの三等は外せない。
冠字が「景」、つまりあの「劔岳 ~点の記~」の主人公として一部の方々に大変有名で大人気な柴崎芳太郎氏の選点・設置の点で選点番号が「2」なのだ。番号が1の「景1」は以前、東松島市大塩に点名“山神山”として存在していた(※)が10年くらい前に亡失し、現在は某建設業者の駐車場になっている。その結果、この“関山”が現存する柴崎氏の三角点で最も番号が若い(最古?)点ということになった。しかも当時のまま移転していないというのはポイントが高い。
じゃ何で今まで行かなかったのかって?…えぇっと、調べなかったからかな。

※昭和57年に移転した物で、元々は北東約180mの位置にあったらしい。

sekiyama1.jpg
そんなわけで、宮城縣標石の所よりさらに西へ尾根沿いに進む。

sekiyama2.jpg
さらに尾根沿いを進む。

sekiyama3.jpg
尾根沿いを進む。

sekiyama4.jpg
尾根z(ry

何この手抜き記事!!

sekiyama5.jpg
この上辺りかな?

sekiyama6.jpg
標示杭発見。

sekiyama.jpg
標石です。標示杭は木杭。

sekiyama7.jpg
標石のアップ。
普通の三等標石ですが、柴崎氏の標石だと思うと胸が熱くなりますね。

sekiyama8.jpg
上面です。ICタグ付き。

MAP



DATA
基準点コード:TR35741511201
ICタグ場所情報コード(ucode):00001B00000000030A8E10A6C515FFC1
冠字選点番号:景2
緯度:38°25′45″.6111
経度:141°09′24″.4744
標高:75.09 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/820-61f17ecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。