標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2017/12/24(日)
東松島市の市立大塩小学校の北西1km付近にある宮城縣標石。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は“角柄”の続きです。

次は、すぐ近くにある宮城縣標石。

kakuhei8.jpg
三角点との位置関係はこんな感じ。(前の記事の画像)

kakuhei_m1.jpg
三角点の南東1.4m
点の記の要図で1.2mと書かれているのは、すぐ隣にある境界杭のことだと思います。つまり要図の「境界杭」は縣標石のことでは無かったということに。たまたま縣標石が隣にあったってことですかね。ゆうさん、運が良いなぁ。

kakuhei_m.jpg
標石です。

kakuhei_m2.jpg
「宮城縣」
以降、反時計回り。

kakuhei_m3.jpg
この面には何も彫られていないようです。

kakuhei_m4.jpg
「明治廿六年」
明治26年。試しに境界杭を引っ張ってみたら簡単に抜けてしまったので抜いてから撮りました。もちろん、すぐに戻しましたよ。

kakuhei_m5.jpg
「第卅一号」
第31号。ほら、境界杭戻ってますよね?

kakuhei_m6.jpg
上面は今日、坂ノ入関山の手前で見たのと同じタイプで丸いもの。番号も近いです。

kakuhei_m7b.jpg
上面です。
「宮城縣」の面は東を向いています。

標石の大きさは、14.5x15.5x30cm でした。(5寸角。高さはこの状態で「宮城縣」の面)

MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°26′44″.8
経度:141°10′04″.1
標高:59.10 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高はすぐ近くの四等「角柄」のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/822-8f6890f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック