標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2018/02/11(日)
大崎市鹿島台のJR東北本線鹿島台駅の西7.2km付近にある宮城縣標石。
※この記事は「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は“江戸ヶ森”の続きです。

まず、この記事名についてですけど、「江戸ヶ森」にしなかったのは山名でも地名でも無いからで、これは最近の記事名の付け方に合わせてます。初め、所在地名が「岩渕山」で山名っぽいため「大崎岩渕山」にしようかと思いましたが、大崎市鳴子に同名の山があるので区別するために「鹿島台」も入れました。結果、長くて分かりにくい記事名になってしまいました。以上。

iwabuchiyama_m1.jpg
宮城縣標石は三等“江戸ヶ森”のすぐ南側にあります。

iwabuchiyama_m2.jpg
三角点から1.1m
点の記の要図に書いてある通りですね。

iwabuchiyama_m.jpg
標石です。

iwabuchiyama_m3.jpg
「宮城縣」
右側の角が欠けて変形しているように見えます。
なんか雑な感じの字体ですね。たしか蜂谷森にあったのもこんなのだったっけ。
以降、反時計回りで。

iwabuchiyama_m4.jpg
この面は何も彫られていない…と思ったら右上に何か書いてあるような?


「昭次」って書いてあるな。(マウスカーソルを画像の上へ移動すると読みやすくなります。画像は90度回してあります)
「しょうじ」?それとも「あきつぐ」…かな?人名だよね?そういえば落書きも蜂谷森だったっけな(笑)。字体だけでなく、こんなのまで共通してるとは(笑)。
おーい、昭次!生きてるかどうか知らんけどネットデビューおめでとう!!

iwabuchiyama_m5.jpg
「明治廿七年」
明治27年。蜂谷森のように「明」の字の「月」が象形文字のようにはなってませんが、やはり雑な感じに見えます。

iwabuchiyama_m6.jpg
「第八十八号」
なぜかこの面だけは立派(笑)。彫る担当者が違うんでしょうね。

iwabuchiyama_m7.jpg
上面です。「宮城縣」の面は東を向いています。
真ん中に穴が開いているタイプです。

標石の大きさは 13.5x15.5x28cm
面により横幅で2cmくらい差があります。高さは「宮城縣」の面です。

MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°28′40″.4
経度:141°00′55″.2
標高:118.40 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高はすぐ近くの三等「江戸ヶ森」のものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/830-cda31096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック