標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2009/07/20(月)
宮城・岩手・秋田の3県にまたがる栗駒山(須川岳)山頂にある一等三角点。
山頂付近は宮城・岩手県境になっている。
※2009/7/20現在、岩手・宮城内陸地震の影響のため、
 成果状態が「成果異常」となっており使用できない三角点。

一ヶ月前に登ろうとして断念した栗駒山へ再び行く事にした。
リベンジということで今回は私の方から例の知人にお願いしたのだ。

前回断念したのは天候不良によるものだが(三等三角点「須川」の記事参照)
ガスが濃いめなだけで雨は止んでいたため、
当初は慎重に登れば何とか行けるのではないかと迷っていた。

が、下山してきた人から当日朝まで降り続いた雨で
登山道が沢みたいになっているという情報を聞き、
スニーカーで登ろうとしていた私はあっさりと断念したのだった。

今回はそのような事がないよう、トレッキングシューズを購入してきた。
多少の水たまりならヘッチャラである。
天気予報によれば、今日は東北全体が晴れのようだ。
今度こそ山頂を踏んでやるぞ。待ってろ栗駒山!

sugawadake1.jpg
前日まで大荒れで、本日もなぜか霧雨が降っていた秋田県。
登山口の状況は前回とあまり変わりない orz
でもきっと晴れるさ、レッツゴー!

sugawadake2.jpg
天気はだいぶ良くなってきたが、
案の定、路面は一面水たまりの箇所だらけである。
でも、おニューのトレッキングシューズのおかげで問題ナッシング。
ちなみに靴以外はいつもと同じ半袖シャツにジーパンといった
山をナメた服装であった。

sugawadake3.jpg
須川コースを登り、約2時間で山頂に到着。三角点はすぐ見つかった。
宮城県側へ降りる道の入口には「大崩壊のため立入禁止」の看板が。
単なる崩壊でなく“大崩壊”と書いてあるあたりが、ただ事でない事を示している。

sugawadake.jpg
標石のアップ。角がコンクリで補修されてます。

実際の最高点は少し南側の「栗駒国定公園」の看板付近なので
恐らく県境もこの看板を境にしているのではないかと思われる。
看板より北に位置する三角点は岩手県に設置されていることになる。
宮城県民としては、ちょっと悔しい気がする。

sugawadake4.jpg
保護石が8個!…と一瞬思ったのですが、
点の記(停止前の物)によると保護石は無いことになっています。
登山者の方が並べてくれた石のようですね。



※改測の成果が公表されてました。
 点の記を見たところ平成20年11月10日に既に改測されていたようです
 (三等三角点「須川」と同じ日)。
 DATAの欄に改測後のデータを入れておきます。(2009/10/25追記)



※現況状態が既に正常になっているため、タイトルの「-成果異常」を削除しました。(2010/9/20追記)


MAP


DATA
基準点コード:TR15840364301
緯度:38°57′39.3207
経度:140°47′18.2515
標高:1626.68 m
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/86-31fa6adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック