FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/02/24(日)
石巻の牧山南西尾根上の大門崎公園展望台にある、宮石漁(宮城県石巻漁港?)標石。
※この記事はゆう氏のブログ「ゆうさんの三角点」の記事を参考にしています。
※この記事は「石巻大門崎 海上保安庁測点」の続きです。

ゆう氏によると、ここにはもう一つ謎の標石があるそうだ。

daimonzaki_m1.jpg
画像は公園の一段高いところから展望台を見下ろしたものである。
画像右側の青矢印が先ほどの「海上保安庁測点」で、左側の赤矢印の所に謎の標石がある。

daimonzaki_m2.jpg
あまり意味が無いとは思うが、一応海保の測点との距離を測定。
11m70cmくらい。

daimonzaki_m.jpg
標石です。
標石の周りは上面舗装というかコンクリで固めてあります。
石質は井内石のようです。地産地消ってやつでしょうか(笑)


西面「四等 三角点」(「点」は占の下に大)
どう見ても国土地理院のとは別物だぞ。

daimonzaki_m4.jpg
南面には何も彫られていないようです。

daimonzaki_m5.jpg
東面「NO 1」
Nの字とか書き慣れていないような感じです。結構古そう。

daimonzaki_m6.jpg
北面「宮石漁」(「漁」の魚の下の点が「大」)
何だこれ?
宮は宮城、石は石巻で間違いないだろう。漁…協?いや違う、漁港かな。石巻漁港の建設のために設置した基準点と考えれば納得できる。これが四等ということは、他にも一等から三等までありそうなんだけど聞いたことが無いなぁ。

daimonzaki_m7.jpg
上面です。
標石の東側に保護石のような物が付いています。北側と西側にも保護石の跡のようなのが残っています。

daimonzaki_m8.jpg
上面のアップ。

標石の大きさは 12x12x13cm(四寸角) で、国土地理院の四等標石とほぼ同じ大きさです。
十字マークの大きさは約7cm(6.7cmくらい)。

以降は、この標石が石巻漁港の工事の測量に使われた基準点だったと仮定しての話。
Wikipediaによると現在の石巻漁港は昭和49年に開港したそうですが、この標石の見た目と時代が合いません。なので、それ以前に旧北上川の河口付近に存在した旧石巻漁港と関連があるのではないかと考えられます。
一般財団法人みなと総合研究財団のWebページ「みなと文化研究事業」内の「港別みなと文化アーカイブス」に石巻港について書かれた文書があります。(石巻港の「みなと文化」(佐々木淳 著)
その10-3ページに

昭和7年から、北上川河口の東突堤と西突堤の築造と臨港部付近の埋立てが開始された。

という記述があります。
それ以前にも北上川で舟運が行われていましたが河口の港を整備したのはこの頃からのようですので、恐らくその時に設置された基準点だったと思われます。旧漁港は現在の石巻市川口町付近にあったそうなので、位置的に矛盾しません。
あと、なぜ「四等」なのかについてですが、当時の陸地測量部の四等三角点には標石が無く(測量のみ)、基準点は実質的に一等~三等までしか無かったので、その空白を埋める補助的な三角点として「四等」としたのかもしれません。なので「宮石漁」の一等~三等は実在しないのではないかと思います。以上、私の勝手な空想なので信じないように(笑)。

MAP



DATA
基準点コード:無し
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:38°25′17″.8
経度:141°19′22″.5
標高:44.0 m
※経緯度はハンディGPSで計測した数値です。±10m程度の誤差があります。
※標高は地理院地図に表示された値です。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/892-33eb1aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック