FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/04/29(月)
秋田県秋田市の秋田大学附属鉱業博物館内にある一等重力点。
※この記事は「秋田千秋公園 水路部経緯度測量点」の続きです。

今回の計画を立てる際に閲覧サービスで検索していたところ、秋田大学の鉱業博物館内に一等重力点があることが分かった。入場料100円を払えば一般の人でも入れるし、GW中でも開いているとのこと。今いる千秋公園から比較的近い所にあるので行ってみることにした。


akita_j1.jpg
先ほど駐車していた千秋公園の東側にある病院の駐車場より秋田県道28を北へ道なりに800mくらい進み、画像の交差点を左折する。


akita_j2.jpg
交差点より650mほど進み、画像の所を右折。


akita_j3.jpg
さらに150mくらい進むと博物館の入口がある。


akita_j4.jpg
おぉ、何か古そうな建物だけど良い雰囲気だぞ。
建物の入口付近には秋田らしく、油田で使われるポンプ(ポンピングユニットというらしい)などが展示されています。


akita_j5.jpg
早速中に入ってみよう。


akita_j6.jpg
入口にある受付兼売店で入場料を払い、らせん階段の下中央付近を見ると金属標が。


akita_j7.jpg
一等重力点のための空間、というか展示物の1つになっているといった感じです。立入禁止の場所にあることが多い重力点にしては珍しい選点ですね。


akita_j8.jpg
ここだけを見ると、まるでテレビのテストパターンみたい。


akita_j.jpg
金属標のアップです。今まで重力点を兼ねた水準点しか見たことが無く、純然たる「重力点」を見るのはこれが初めてです。
重力点の中心って水準点みたいに「出べそ」なんですね。

金属標の直径7cm。中心の出っ張り部分の直径1.9cmくらい。


akita_j9.jpg
すぐそばには、ご丁寧に解説の看板が立てられています。

ここの重力(加速度)は g=9.8017573m/s2 です。

加速度の単位m/s2(メートル毎秒毎秒)と、閲覧サービスに載っている重力値の単位mGal(ミリガル)は、0.00001m/s2 = 1mGal で換算できます。閲覧サービスの成果値は「重力値 980175.73 mGal」(2019/4/29現在)なので合ってますね。


akita_j10.jpg
らせん階段の上から見るとこんな感じ。


akita_j11.jpg
鉱業博物館ということで、ついでに仙鉱三角点について何か資料は無いかと探してみましたが見つけられませんでした。


MAP



DATA
基準点コード:GR1594041-AKT
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:無し
緯度:39°43′45″.5100
経度:140°08′11″.6500
標高:27.87 m
重力値:980175.73 mGal
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
おばんです
秋田といえばこの重力点ははずせないでしょ!
千葉に行って時間に余裕があったら成田空港の重力点を見ようと思いましたが、駐車場問題に時間の余裕も無く断念してきました!
2019/05/13(月) 19:48 | URL | ゆう #-[ 編集]
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/912-26804017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック