FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/04/29(月)
秋田県能代市の能代公園内にある三等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は「秋田上新城中 仙鑛三角点」の続きです。

舘沢氏によると、能代市にある三等“能代”には「三等三角点」と刻まれた古い蓋石がかぶせてあるのだという。閲覧サービスで確認してみると「遠景写真」の画像にその蓋石が写っていた。以前つくばの国土地理院の敷地内で似たような廃材を見たことがあるが、それよりも大きな字で「三角點」と彫られており、かなり立派な代物である。なぜか蓋の四隅が欠けているのがちょっと残念ではあるが。


noshiro1.jpg
秋田市から能代市までは直線距離で大体50kmくらいだ。高速を使っても良いのだが無料区間は能代南ICの先からだし、本日の予定は次の“能代”で終わりのため時間にも余裕がある。なのでR7をゆっくりと北上して高速料金を節約する。
途中で昼食を取り、約1時間半で能代の街の入口に到着。画像の交差点を左折してR101に入る。


noshiro2.jpg
R101を2kmほど進み、画像の交差点を左折。


noshiro3.jpg
さらに200mくらい進んで、小学校の手前を右折。
右折した先は一方通行路なので注意が必要だ。


noshiro4.jpg
公園の手前を左折。


noshiro5.jpg
ここを右へ登って行けば駐車場があるはずだ。


noshiro6.jpg
車から降り、三角点がある公園南東側へ向かう。
なんか想像していたのと雰囲気が違うなぁ。最近整備したのかな。


noshiro7.jpg
少し先の歩道脇に標示杭を発見。


noshiro8.jpg
おぉーあった!
でも確か閲覧サービスの画像だと、ここら辺に大きな桜の木があったはずだよね。


noshiro9.jpg
そう、これこれ!閲覧サービスで見たのと同じ!


noshiro10.jpg
蓋石です。
元々は四角で、上に「等 三」、縦に「三角點」と彫られていたようです。標石と同時期に設置されたのであれば明治時代の物ですね。四隅が比較的綺麗に欠けてるけどわざとなのかな?


noshiro11.jpg
蓋石の裏側です。ちゃんと桝にはまるようになってますね。

大きさは45.5 x 45.5cm 裏側の桝にはまる部分が 35 x 35cm
あっ!厚さを測ってくるのを忘れてた…。


noshiro12.jpg
で、蓋を取った中身は…想像通り。


noshiro.jpg
海が近いせいなのか、中に詰まっていたのは砂っぽい土でした。


noshiro13.jpg
上面です。
歩道は三角点の北側なので反対の芝生側から撮っています。


MAP



DATA
基準点コード:TR36040205101
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:甘10
緯度:40°12′43″.0822
経度:140°01′15″.2015
標高:23.74 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/914-740bad57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック