FC2ブログ
標石よりも探す過程がメインの三角点探訪ブログ。
2019/04/30(火)
秋田県大館市の秋田道(E7)釈迦内PAの北北西900m付近、萩長森山頂にある四等三角点。
※この記事は舘沢省吾氏からの情報を参考にしています。
※この記事は「高森仙鉱三角点」の続きです。

次も近くに仙鉱三角点があるという、四等“萩長森”へ向かう。
位置的には先ほどの“高森”と秋田道を挟んで反対側といった感じだ(これは偶然)。点の記は“高森”よりもずっと新しく、平成19年調製のもので要図にしっかり「鉱山三角点」(=仙鉱三角点)の文字が見える。しかも山頂まで山道があるらしい。これはもう勝利が約束されたようなものだ。早速行ってみよう。


haginagamori1.jpg
先ほどの“高森”よりR7に戻って北の方(青森方面)へ500mほど進み、画像の所で左折する。
雨がパラついているが、既に濡れてるので傘など無用である。


haginagamori2.jpg
左折して450mほど進めば萩長森(山名)の下に到達する。
同行のH君が「これは選鉱場の跡っすねぇ…」とつぶやく。多趣味な彼は鉱山にも詳しいようだ。地形図には現在地の所に「釈迦内鉱山」とデカデカと書いてある。この仙鉱がある山は鉱山そのものだったのだ。


haginagamori3.jpg
JX金属探開株式会社 大館営業所」
ちょっと聞き慣れない社名だが、JX=新日鉱(旧日本鉱業)(→現JXTG)関連であることは分かる。元々釈迦内鉱山は日本鉱業が採掘を行っていたはずなので、閉山後も面倒を見ているということなのだろう。JX金属探開の組織図を見ると、大館営業所は「試錐事業部」に属している。つまりボーリング調査の部署。あれ?てっきりありがちな鉱毒処理をしてるのかと思ったら全然違う。旧鉱山跡の敷地にボーリングの機材を置いているだけということなのだろうか。


haginagamori4.jpg
旧鉱山のことを考えてるときりがないので、まずはこの山の登山口へ向かう。


haginagamori5.jpg
丁字路の角に階段が。ここから登るのかな?


haginagamori6.jpg
鳥居と階段がある。右手前にはご丁寧に「萩長森登山口」の看板まである。
あれ?確か点の記の要図は山の北西から登ることになってるけど(ここは南西)間違いだったのかな?


haginagamori7.jpg
鳥居をくぐると階段はすぐに終わり、急な山道になる。杉の木が雨よけとなって地面がぬかるほど濡れていないので坂で滑る心配は無さそう。


haginagamori8.jpg
山道の途中には鉱山の遺構が所々残っていた。
鉱山マニア(?)のH君が興奮気味に「ほらっ、これも何かの跡っすよ!」とカメラのシャッターを切りまくる。喜んでもらえたようで何よりっす。


haginagamori9.jpg
もうそろそろ山頂みたいだな。


haginagamori10.jpg
四等の標示杭と…うわっ、仙鉱の標石でけぇ!!
さすが鉱山の真上だな。


haginagamori11.jpg
…と思ってたら、本当の仙鉱標石はその後ろだったようです(笑)。


haginagamori12.jpg
「謎の標石」の正体は、むかし祠(当時は社があったのかも)を設置したときの寄進金一覧の碑だったようです。…ったく紛らわしいなぁ。金額を見ると、時代的に鉱山が開発される前だと思われます。


haginagamori.jpg
まずは四等から。


haginagamori13.jpg
等級面(南面)のアップ。


haginagamori14.jpg
標識番号は012605。


haginagamori15.jpg
上面です。


MAP



DATA
基準点コード:TR46040348501
ICタグ場所情報コード(ucode):無し
冠字選点番号:儒9
緯度:40°19′08″.9694
経度:140°34′21″.8133
標高:169.44 m
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する(本名やメールアドレスの記入は出来るだけしないようにお願いします)
URL:
コメント:
パスワード:
非公開にする: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsukasan.blog45.fc2.com/tb.php/917-6220265b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック